2016年

9月

14日

9月号の会報を発行しました。

 先月は夏休みをいただき、ふた月ぶりの会報発行となりました。第152号となります今号では、巻頭特集として724日におこなわれました境川クリーンアップ作戦について、実行委員長を務めた山口平太郎会員より寄稿をいただくことができました。また桜美林大学地域・社会連携室の福原信広課長より、2009年からの桜美林大学の参加の軌跡について、ご寄稿いただきました。

 今号の本紙後半は、鶴川自然友の会の代表である中野進先生へのインタビュー取材から編集部による特集記事を組みました。このように今号は、町田市の環境保護の市民活動の過去と現在をつなぐ紙面となりました。町田市の市民活動の厚みがあればこそ可能になった今号です。関係のみなさまに厚く御礼を申し上げます。

9月号の会報を発行しました。

おかげをもちまして会報『まちづくりの環』通巻第141号を発行いたしました。本サイトからも、PDF版をダウンロードいただけます。

今号巻頭は、すでにこれまでにタウンニュースや広報まちだなどでも報道がなされています、町田市と相模女子大学との新しい協働研究についての取材記事を掲載しました。ごみの減量と資源化の3Rの取り組みにデザインを加えて4Rを構想するこの新しい取り組みについて、『まちづくりの環』では継続的にその進展状況を今後もお伝えできればと思います。

佐藤勲会員からは、電力システム改革にかんする近年の多くの書物を概観しつつ、町田市が取り組むべき方向を探るための研究ノート的寄稿をいただきました。他団体との連携も視野に入れつつ、この問題について当市民会議としても、学習と啓発の活動に力をいれていきたいと考えています。

今号の末尾では滋賀県の観光名所のひとつとして今日では知られる近江八幡の八幡堀の保全をめぐる歴史について、現地レポートのかたちをとった寄稿を掲載しました。1970年代、埋め立てられる寸前だった当時の八幡堀を守った近江八幡JC(青年会議所)の活動について触れた内容です。