2016年

9月

14日

9月号の会報を発行しました。

 先月は夏休みをいただき、ふた月ぶりの会報発行となりました。第152号となります今号では、巻頭特集として724日におこなわれました境川クリーンアップ作戦について、実行委員長を務めた山口平太郎会員より寄稿をいただくことができました。また桜美林大学地域・社会連携室の福原信広課長より、2009年からの桜美林大学の参加の軌跡について、ご寄稿いただきました。

 今号の本紙後半は、鶴川自然友の会の代表である中野進先生へのインタビュー取材から編集部による特集記事を組みました。このように今号は、町田市の環境保護の市民活動の過去と現在をつなぐ紙面となりました。町田市の市民活動の厚みがあればこそ可能になった今号です。関係のみなさまに厚く御礼を申し上げます。

11月号の会報をアップしました。

 通巻第122号の『まちづくりの環』を発行いたしました。左の『まちづくりの環』の項目よりお進みいただき、PDF版をダウンロードいただけます。

 今号では、先月お亡くなりになった三ノ輪利郎氏の追悼文を巻頭にて掲載させていただきました。三ノ輪利郎様のご冥福を、この場を借りましてあらためてお祈り申し上げます。お通夜ならびに告別式は、(株)三ノ輪建設・三ノ輪家合同葬として、10月17日・18日に浄運寺会館にて執り行われました。
 ゼロ・ウェイスト運動の世界的なリーダーのひとりである、ポール・コネット博士が、1998年の初来日から15年ぶりに再来日し、国分寺にて講演をおこないます。今回の講演では、日本のごみ政策、とりわけ三多摩地域が抱えるごみ問題の課題と解決への道筋について、お話される予定です。講演会の詳細は下記のとおりです。

日時:11月24日(日)18:30-20:30(受付開始18:00)
場所:国分寺Lホール(JR国分寺駅 駅ビル8階)
参加費:500円 事前の申し込み不要
※講演会終了後は懇親会が予定されています。