2016年

9月

14日

9月号の会報を発行しました。

 先月は夏休みをいただき、ふた月ぶりの会報発行となりました。第152号となります今号では、巻頭特集として724日におこなわれました境川クリーンアップ作戦について、実行委員長を務めた山口平太郎会員より寄稿をいただくことができました。また桜美林大学地域・社会連携室の福原信広課長より、2009年からの桜美林大学の参加の軌跡について、ご寄稿いただきました。

 今号の本紙後半は、鶴川自然友の会の代表である中野進先生へのインタビュー取材から編集部による特集記事を組みました。このように今号は、町田市の環境保護の市民活動の過去と現在をつなぐ紙面となりました。町田市の市民活動の厚みがあればこそ可能になった今号です。関係のみなさまに厚く御礼を申し上げます。

会報第109号を発行しました。

 今号は巻頭におきまして、町田市内で長年にわたり生ごみのたい肥化による自然循環の取り組みを実践されてきたEM窪平代表、仲村達郎氏の緊急提言を掲載しました。そのほか、湯浅起夫会員の好評まち歩き連載――今号と次号では小山が丘を歩きます――にくわえ、夏の終わりということもあり、近畿地方と東海地方からそれぞれ京都府福知山市と岐阜県郡上市のまち歩きレポートも掲載しました。