2016年

9月

14日

9月号の会報を発行しました。

 先月は夏休みをいただき、ふた月ぶりの会報発行となりました。第152号となります今号では、巻頭特集として724日におこなわれました境川クリーンアップ作戦について、実行委員長を務めた山口平太郎会員より寄稿をいただくことができました。また桜美林大学地域・社会連携室の福原信広課長より、2009年からの桜美林大学の参加の軌跡について、ご寄稿いただきました。

 今号の本紙後半は、鶴川自然友の会の代表である中野進先生へのインタビュー取材から編集部による特集記事を組みました。このように今号は、町田市の環境保護の市民活動の過去と現在をつなぐ紙面となりました。町田市の市民活動の厚みがあればこそ可能になった今号です。関係のみなさまに厚く御礼を申し上げます。

市の新しい広報担当部長と懇談しました。

中央は市民会議の岩上副議長。画面右が本多浩子部長
中央は市民会議の岩上副議長。画面右が本多浩子部長

 7月14日(木曜日)の夕方より中央公民館の音楽室にて、この春より町田市の新しい広報担当部長に民間から就任された本多浩子さんをお招きして、ささやかな懇談会をおこないました。ざっくばらんに町田市の広報のあり方について意見交換をおこなうとともに、「3年間の任期ですべてを変えることはできないかもしれないですが、ここに本多がいたという足跡をなにか残したい」と熱く語る本多さんの人柄を、参加したわたしたちは知ることができました。この懇談会の模様は、次号の会報にて掲載する予定です。