2016年

9月

14日

9月号の会報を発行しました。

 先月は夏休みをいただき、ふた月ぶりの会報発行となりました。第152号となります今号では、巻頭特集として724日におこなわれました境川クリーンアップ作戦について、実行委員長を務めた山口平太郎会員より寄稿をいただくことができました。また桜美林大学地域・社会連携室の福原信広課長より、2009年からの桜美林大学の参加の軌跡について、ご寄稿いただきました。

 今号の本紙後半は、鶴川自然友の会の代表である中野進先生へのインタビュー取材から編集部による特集記事を組みました。このように今号は、町田市の環境保護の市民活動の過去と現在をつなぐ紙面となりました。町田市の市民活動の厚みがあればこそ可能になった今号です。関係のみなさまに厚く御礼を申し上げます。

旧会報である『フォルム』のなかでもたびたび言及されていますが、町田まちづくり市民会議が恒常的な組織として発足する前後から、ホームページ開設の動きがあり、「電脳連」と呼ばれた当時の会員有志が桜美林大学の職員の方々のたいへんなご尽力を受けて、旧サイトが完成し、当市民会議の黎明期に重要な役割を果たしました。以下が、その旧サイトのトップページです。ここに活動の足跡として保存します。

諸般の事情により旧サイトの更新が実務的に難しくなってからは、ウェブを通じた活動の発信に冬の時代が訪れましたが、そうしたなかでも情報発信を続けるべく桜井朋広会員の努力によって、旧サイトを残したまま暫定的なかたちで後継サイトが開設され、ウェブサイトが維持されました。しかし、旧サイトと後継サイトが並存していることによる検索側の混乱や、より本格的なサイト整備の要請等があり、既存の両サイトを整理統合する新規サイトの開設が、ここの数年の総会において事業計画に盛り込まれてきました。以下に、後継サイトのトップページを活動の足跡として保存します。