2016年

9月

14日

9月号の会報を発行しました。

 先月は夏休みをいただき、ふた月ぶりの会報発行となりました。第152号となります今号では、巻頭特集として724日におこなわれました境川クリーンアップ作戦について、実行委員長を務めた山口平太郎会員より寄稿をいただくことができました。また桜美林大学地域・社会連携室の福原信広課長より、2009年からの桜美林大学の参加の軌跡について、ご寄稿いただきました。

 今号の本紙後半は、鶴川自然友の会の代表である中野進先生へのインタビュー取材から編集部による特集記事を組みました。このように今号は、町田市の環境保護の市民活動の過去と現在をつなぐ紙面となりました。町田市の市民活動の厚みがあればこそ可能になった今号です。関係のみなさまに厚く御礼を申し上げます。

以下は、町田まちづくり市民会議の会則です。会報が『フォルム』から『まちづくりの環』へと移行したことにともなって、会則の一部は慣習的に変化しています。

町田まちづくり市民会議〈会則〉  Nov151999

 

 

名 称: 本会は「町田まちづくり市民会議」 machi DA forum と称する。

 

事務所: 本会はオフィスを町田市常磐町3758桜美林大学生涯学習センター内に置く。

 

目 的: 本会は「まちづくりは市民が主人公」という基本理念を実現するため、自主的に企業や各種市民団体、行政ともっとひろくやわらかな、包容力ある対話を産み出す母体となることを目指す。

 

会議員: 町田市に在住、在勤、通学する者で本会讃の趣旨に賛同し、町田を愛し町田のまちづくりにヴォランテアとして貢献する意欲のある方が個人の資格で参加する。

 

役 員: 本会は会議員のなかから次の役員を選任する。

 チェアパースンとして本会を代表する議長1名、副議長2名。

 総務セクレタリとして若干名及び会計2名及び監査2名以内。

 幹事プロモータとして若干名。

 

顧 問: アドヴァイザは役員会の承認を得て議長が委嘱できる。

 

任 期: 通常総会の翌日から翌々年の総会の日までの2年間。但し再任は妨げない。

 

会 議: 会議は総会、フォルム、役員会、アクション部会とする。

 総会は毎年1月及び必要あれば臨時総会として開催し、付議事項は会則変更、役員の選任・解任、事業計画・報告、予算・決算収支報告とする。

 フォルムはすべての会議員が参加し、一般市民・学生も参加できる。

 役員会は総会付議事項以外の本会運営に関する事項を決める。

 アクション部会は会議員だれでも参加でき、各部会と共にいっでも開催できる。

 

議 決: 議決権は会議の出席者について1個とし、出席者の過半数の合意により決する。

 但し、会則の変更については委任状を含め出席者の四分の三以上の合意による。

 

会 計: 会計年度は毎年11日から1231日までとする。

 

経 費: 会費、賛助金、寄付金その他の収入をもって充てる。

 

会 費: 会議員1人当り、一ロ年1000円 但し、学生は半額。

     賛助金一口、年10000円。

     寄付金一口、1000円。

 

 

付 則: 本会の運営にあたっては細則をもうけるものとする。

 発効は1999121日からとする。但し、121日より末日までの会計、役員任期は翌年に繰越すものとする。