2016年

9月

14日

9月号の会報を発行しました。

 先月は夏休みをいただき、ふた月ぶりの会報発行となりました。第152号となります今号では、巻頭特集として724日におこなわれました境川クリーンアップ作戦について、実行委員長を務めた山口平太郎会員より寄稿をいただくことができました。また桜美林大学地域・社会連携室の福原信広課長より、2009年からの桜美林大学の参加の軌跡について、ご寄稿いただきました。

 今号の本紙後半は、鶴川自然友の会の代表である中野進先生へのインタビュー取材から編集部による特集記事を組みました。このように今号は、町田市の環境保護の市民活動の過去と現在をつなぐ紙面となりました。町田市の市民活動の厚みがあればこそ可能になった今号です。関係のみなさまに厚く御礼を申し上げます。

まちづくりは市民が主人公

『フォルム』

2000年第9号 machi DA forum 

だより――緑雨――

 

環境  町田フォーラムでごみないクラブが講談師神田紅の弟子による珍解説を4/22市民ホールで渋谷、山口会議員がパネル参加した新市庁舎問題のシンポジウムを行った。柿原、勲、中井、豊吉会議員ら40名みな反対の結果だった。427

 

電脳  連が桜美林大にて[いままでDA][これからDA]-8を作成した。51

 

定例  会議をせりがや会館にて初めて開催。桜美林大経営政策学部の女男学生を5名も参加させた野村知子助教授にも初見参のみな興奮気味で提案されたフィールドワークに協働する教室での会議員のレクチャなどが討議された。田中誠Pが一人だけ選出された市まちづくり条例審議委員への協力も決まった。511

 

協働  作業の室を提中Sが毎週月・木・金終日提供と発言。更に知子先生が水曜昼前の徳望時間提供チェン・レクチャの企画を急いでいた折から美知先導の桜美連素敵マップに武信チーフ代理矢延先生の立教経済地理も緑山を題材に入れる提案あり。鶴連のすきなみち発表や夢連マップの青木経験を聴こうと村田は発言し武信立体模型づくりを支援。秋の発表会は市役所の公僕コメンテータも含む。528

 

環境  数回連続した打ち合わせでも挫折感が漂い、市の思惑通りに六月末のシンポジウムは議論の場となりそうもない。村田、松前雑談中勲チーフが雨合羽で現れた定刻15分過ぎから卯月、渋谷副議長、岩上P到着の七時過ぎまで七月に意見書を出すことや田中誠まちづくり審議委員の話を聴くこととなった。前回、定例会議の日取り変更が話されたが22金に試みる。セクレタリ会議を復活させ月二回とし桜美林LL館協働室も所用するなどの意見があった。66

 

二金  定例会議は元通りセクレタリ主催としプロモータ主催はチーフ都合により別途に設けることとなった。協働室の設置が了承され今後大いに利用されよう。桜芙林との文福アクションを武信チーフが重視して知子先生の提案に湯浅史考レクチャが先ず決まり、村田提案の青木幸雄、大橋成夫経験、武信折衝による矢延先生や神谷夫人の知恵、小林美知、中井薫忠生地元のフィールドワーク参加が推薦され「素敵MAP]づくりに役立たせることとなった。68

 

臨時  プロモータ会議がせりがや会館でひらかれる予定だが、武信S、村田などは所用のため、折から都議会議員選挙の直前とてその方面で走り回っている向きも多く出席ができぬ恐れがつよい。ただ非選挙人名簿に知っている名前が多いのは面白く、結果が待たれる。622

 

#環境と共生のまち早稲田から♯

 雄弁会か落研出身か聞き漏らしたか昔の都知事と似た名の安井潤一郎商店会長を呼んだ町田商工会議所は自らのみならず市民会議員7名を含む聴衆にも痛快なまちづくり理論を移入した。早速、生ゴミ計量器とナマ護美専用袋をそなえて!楽しく儲かり得をして!

フィールドワークに地元の中井薫シャロック・ホームズ先生や小林美知ごみない先生参加。

 

 

 <新世紀の新緑が梅雨にぬれて協働がまた始まる!>

 佐藤東洋士学長と佐藤武信Sとの話で即時にうごきだした桜美称大と市民会議の協働。HPにつづく第二回は忠生という学園の地元のMAPづくり。提中Sの窓口がよろしきを得て、学内人気助教授の野村知子先生が担当に指名され、市民会議アクション文福のみな大歓迎。二三回の打ち合せや、知子先生の不意打ち学生参加で段々調子も合って、ゼミの徳望教室のほかLL館の12001協働室もほとんど市民専用となった。

 武信Sは協働チーフにまつりあげられ、知子先生に「わかい貴女のご指導のままに」と要請、「町田の知恵を」とエール交換したあと五月十四日には企画案がくばられた。

 

目的:住民同士、住民と学生、(住民と行政)、マップづくりを通して協働の手法を学びあう。生活者の視点からみた地域のよさを、他の人にも伝わるように表現する。

共感作りの手段としてのマップづくり。-新たなる公共づくり(住民と行政が共感しあえるもの)

 

方法:<11月の学園祭で成果を発表:学生絡みのかかわりはここで一区切り>

「町田の市民によるまちづくりの現状」等について、発表と討論をおこなったらどうか。町田市役所の各部署の担当者にコメンテイターとして参加してもらい、発表を聞いてもらい、意見をもらってはどうか。今後、行政との協働のきっかけになることを祈る。六月下旬から七月の中旬まで七夕で牽牛星と織女星の出逢いの頃。あまた老若男女いるなか賢牛と識女なら市民会議員にも! 桜美林学園との協働のためひとはだぬごうか!

 

2月3日開催された「第二回通常総会」で採択された「町田まちづくり市民会議」の

2001年度活動計画」

(1) 定例会を、前年と同じく毎月開催します。

(2) 会報「フォルム」を、前年と同じくほぼ2ヶ月毎に発行し、インターネットの市民会議ホームページを、継続し更新します。

(3) 前年12月に引き続き、次の4専門部会に参加します。

   1. 自然環境 (佐藤武信、桜井、岩上)

   2. 生活環境 (佐藤 勲)

   3. ごみ対策 (松前、田中誠、卯月武助)

   4. 循環型社会 (吉濱)

(4) 町田のまちづくりについて、市民参加を主題とする市民講座パート2を計画し開催します。 アクション護美こみ

(5) タウンウオッチングを町田市ほかで行い、それに関わるワークショップを計画し開催します。 アクションまち並

(6) まちづくりのホットなテーマを取り上げ市民討論会を計画し開催します。

(7) 緊急問題をとりあげ町田のまちづくりへの市民参加のあり方を検討します。 アクション参画

(8) 桜美林大学との協同研究活動を計画し開始します。 アクション文福

(9) NPO 法人格の取得を検討します。