2016年

9月

14日

9月号の会報を発行しました。

 先月は夏休みをいただき、ふた月ぶりの会報発行となりました。第152号となります今号では、巻頭特集として724日におこなわれました境川クリーンアップ作戦について、実行委員長を務めた山口平太郎会員より寄稿をいただくことができました。また桜美林大学地域・社会連携室の福原信広課長より、2009年からの桜美林大学の参加の軌跡について、ご寄稿いただきました。

 今号の本紙後半は、鶴川自然友の会の代表である中野進先生へのインタビュー取材から編集部による特集記事を組みました。このように今号は、町田市の環境保護の市民活動の過去と現在をつなぐ紙面となりました。町田市の市民活動の厚みがあればこそ可能になった今号です。関係のみなさまに厚く御礼を申し上げます。

まちづくりは市民が主人公

『フォルム』

2000年第8号 machi DA forum 

だより――爛漫――

 

環境  市保全課が境川クリーンセンタで「市民意見書」について会議員と話合った2月6日の結果せりがや会館で町田らしさだけは護持していく方針を決定。2/20

 

SP  定例会にて武信、村田、松前、湯浅、桜井、勲Pが郵便振込の会費集め等を決定。卯月慎一氏の「市民立法による市民自治基本条例の立案・提言・制定」の趣旨を聞き意見交換した。定例会の日時を両副議長一任で決める事とする。2/24

 

電脳連 が桜美林大にて[いままでDA][これからDA]を作成した。3/1

二金新定例会議の日時が決まり村田、湯浅、中井、松前、柿原、岩上、桜井が順次集まった。今年の活動計画の具体化については次回も会議をつづけ■他の市民団体催しにも参加する。■まちづくり条例審議委員に応募する。■Eメールの利用を連絡クラスタに採用すべしとの中井提案などがあった。3/9

 

協働  桜美林大の提中Sより呼び掛けあり野村知子助教授を囲んで一回目の打合せ会が小林美知Pのみモデル絵描で来れず、中井、上滝、村田、豊吉、湯浅、武信チーフで開かれた。ThinkGlobally,ActLocally!3/13

 

商工会 のお誘いで「早稲田の街づくり」安井潤一郎氏講演に数人参加して、3/15

 

史考会 長湯浅起夫の研究「しんせんぐみ」を聴き市内遺跡展示を見た。3/17

 

バスツアが博物館友の会で催され会議員五人も参加、縄文土器なども見た。3/22

 

文福大学との協働の二回目はアクション文福となる。上滝FAXにより生徒との交流が主張された流れから予想を超えた桜の開花に提中Sのフィールドワークが着想され知子アドヴァイザの学園秋祭での発表案へと今日の青空なみに飛躍した。特に湯浅Pの福祉的住環境や柿原バスツアでの町田ヴィナスなど縄文発掘品展示が大学側に知的刺激となり学長も含め次回までに研究することとなった。3/27

 

環境  基本計画専門4部会が終り、市民会議員の桜井「開発計画の都度協議に市民を入れる」、佐藤勲「護るべきものの優先順位や数値目標を」、田中「ゴミ発生の抑制」などが市側の部会長や事務局コンサルタントにより記載されぬままとなった。岩上、卯月、松前委員の補足報告や小林美知傍聴人の話でも循環型社会部会とも全市民とか安全とか基本計画に入れたくない当局の心底あからさまで、村田示唆のマザープラン的な箇条書市民意見をシンポジウム迄作ることになった。4/9

二金定例会議に渋谷、柿原、松前、湯浅、中井、林、勲、武信参加これが最後の町田ゼミで開かれ、次は知子先生も参加し、せりがや会館に移る。町田フォーラムや桜美林学園内でも日時により開催できそうだ。勲チーフによる環境部会報告後渋谷代表のまちだ路面電車の会、広瀬都大教授の忍寄るダイオキシン:持続可能な地球環境4・22

 

フォーラム講演会、山口平太郎まちネット事務局長も参加の市庁舎建設問題を考える4・27 市民ホールシンポジウムが案内された。4/13

 

#花**尾根の沿道には町田の各県人会の出店あり、成瀬沿川の桜も初見参

 

#環境と共生のまち早稲田から#

 雄辯会か落研出身か聞き漏らしたが昔の都知事と似た名の安井潤一郎商店会長を呼んだ町田商工会議所は自らのみならず市民会議員7名を含む聴衆にも痛快なまちづくり理論を移入した。早速、生ゴミ計量器とナマ護美専用袋をそなえて!楽しく儲かり得をして!