2016年

9月

14日

9月号の会報を発行しました。

 先月は夏休みをいただき、ふた月ぶりの会報発行となりました。第152号となります今号では、巻頭特集として724日におこなわれました境川クリーンアップ作戦について、実行委員長を務めた山口平太郎会員より寄稿をいただくことができました。また桜美林大学地域・社会連携室の福原信広課長より、2009年からの桜美林大学の参加の軌跡について、ご寄稿いただきました。

 今号の本紙後半は、鶴川自然友の会の代表である中野進先生へのインタビュー取材から編集部による特集記事を組みました。このように今号は、町田市の環境保護の市民活動の過去と現在をつなぐ紙面となりました。町田市の市民活動の厚みがあればこそ可能になった今号です。関係のみなさまに厚く御礼を申し上げます。

まちづくりは市民が主人公

『フォルム』2000年第7

 machi DA forum 

だより――春雪――

 

<新世紀の総会、桜美林学園の太平館にて開く!>

 如月三日予定通り町田まちづくり市民会議「第二回通常総会」が始まった。佐藤東洋士議長が議案を提示し、岩上幹事プロモータの活動報告と計画、林セクレタリの収支報告と予算案が採決されて閉会となった。ひきつづき昨年シドニーオリンピック開会にあわせ公開した町田まちづくり市民会議ホームペーヂを後藤情報システム課長らが拡大映写した。HPは30名を超す参加者に感銘を与えたが、本来のパソコンで見ている人がその百倍はいることに世話人は心をひき締めた。東洋士学長の「大学と地域社会」なる講話のあと、記念講演者として友人の松本洋博士が紹介され『南の顔』の演題でスライド80枚を映写しつつ「町田で見る半地球」が語られた。第一回記念講演が田中優子教授による「江戸から見る町田市」と時間を隔てた見方だった。今回は空間を隔てた見方として、通常の市民講座などを超えた視点を楽しめた。(撮影者:湯浅起夫)

電脳  連が桜美林大食堂にて昼食会を開きHPの冒頭に「お知らせ」を入れて洗練度を高めることにした。中井薫氏が同大の近くから初参加し名簿の整理などに協力。新世紀総会での記念講演者の推薦が始められた。12/15

 

環境  基本条例について11/30佐藤東洋士議長が市民意見書を市当局に提出した。都立大広瀬先生を連れた小林美知Pほか松前、卯月委員や村田、渋谷、佐藤勲Pせりがや会館に集まって討議して市議らに働きかけたり、佐藤武信、村田、桜井田中誠Pが市議会の都市環境常任委員会を傍聴した。審議継続や修正案もなく、原案通り可決されたため、「作った以上意味あるものに!との声もあがった。

 

環境  基本計画は2001年3月までに進捗させるとか。広瀬先生より里山環境を体験させ小学生から教育すべしとの提案。勲Pより生活環境部会報告のあと、生ゴミや集中処理について松前委員と広瀬先生らの論争があった。12/22

 

SP  定例会を開き渋谷、柿原両副議長、武信、勲両佐藤、中井、村田、岩上、桜井Pが世話人として第二回通常総会のやりかたを話合い、町田ジャーナルや武相新聞については渋谷が、チラシについては勲が担当しゴム印も作る。12/23

 

新年  SP初会議に岩上、武信、村田、松前、湯浅、桜井が出席した。桜美林大太平館の総会場を満員にしないと講師に失礼?いや名の如くゆったりするのが国際的?結局議長一任とした。司会は勲と山口平太郎S。講師は東洋士学長の友人なので「大学と地域社会」なる小講話のあと紹介する。『南の顔』副題を「町田で見る半地球」とし勲Pが著書のまえがきを参考にチラシをつくること。1/7

 

総会  準備も酣武信、湯浅、村田、松前、桜井、渋谷、柿原、勲世話人集合。1/13

 

直前  日中の臨時SP会合に村田、渋谷、桜井、中井、柿原、湯浅が参加し、チラシの配布、総会議案書の打合せ、受付は柿原責任者、名簿は中井、写真と録音は湯浅の担当と決めた。1/29

 

前日  会場が第一回同様大講堂となり、村田、武信、中井世話人が学園側の提中Sほか後藤情報システム課長らと連携して設営した。2/2

 

当日  記念講演の講師に決まった国際文化会館専務理事・松本洋博士に前もって峰行氏から「町田市マスタープラン」村田から「マザープラン」を送付してあり、それらに基づいた町田市内の視察に、渋谷俊徳CHCシステム社長が案内することになった。2/3

 

環境  市保全課が境川クリーンセンタで「市民意見書」について会議員と話合った/6その結果せりがや会館で町田らしさだけは護持していく方針を決定。2/20

 

SP  定例会にて武信、村田、松前、湯浅、桜井、勲Pが郵便振込の会費集め等を決定。卯月慎一氏の「市民立法による市民自治基本条例の立案・提言・制定」の趣旨を聞き意見交換した。定例会の日時を両副議長一任で決める事とする。2/24

 

#会議は個人個人が主人#

 なんとか会長かんとか事務局長ばかりの市民会議員は夫々固有の用事で忙しい。それに年々妻々女権が拡張し今年からは女性の新世紀とか唱えられ忙しい。青年層は子供のころから詰め込まれ忙しい。その渦からやっと集まって個人vs個人喧々學々の楽しみ!

 

#ゴヂまち環境#

 町田らしさを保ってゆく、護ってゆく、sustain!個人が集まってアクションをやって行くのにはこれが大切だ。護持すべきまちだ。ゴヂまち!それは環境、みどり、何でも町田らしさを護持して、市の無味乾燥な基本条例などお抱えコンサルタント流の全国一律格好づけに対し、われわれの主張を盛込ませる。ゴヂまちDA!