2016年

9月

14日

9月号の会報を発行しました。

 先月は夏休みをいただき、ふた月ぶりの会報発行となりました。第152号となります今号では、巻頭特集として724日におこなわれました境川クリーンアップ作戦について、実行委員長を務めた山口平太郎会員より寄稿をいただくことができました。また桜美林大学地域・社会連携室の福原信広課長より、2009年からの桜美林大学の参加の軌跡について、ご寄稿いただきました。

 今号の本紙後半は、鶴川自然友の会の代表である中野進先生へのインタビュー取材から編集部による特集記事を組みました。このように今号は、町田市の環境保護の市民活動の過去と現在をつなぐ紙面となりました。町田市の市民活動の厚みがあればこそ可能になった今号です。関係のみなさまに厚く御礼を申し上げます。

まちづくりは市民が主人公

『フォルム』2000年第6号 machi DA forum 

 

<市民講座4回終り>でおわりではない!

 公民館のお陰で何とか毎回30人前後の参加があり佐藤勲ほかプロモータ連もほっと!十一月十八日には卯月慎一さんと勲チーフをパネルに23人全員発言の討論会で「市民のまちづくりはどうすれば可能か」を探った。他の市民団体と協力しPart2の声も。

 

<ホームペーヂ「町田まちづくり市民会議」で大学と協働!>

 佐藤東洋士学長としては生涯学習センターはじめ大学教職員や学生連もアクセスすると期待されたHPが配列などの手直しを経て3ケ月。アクセスカウントはしていないが見たとの反応しきり。21世紀初の総会場で大型スクリーン映写をする予定で、Eメールにて自由にQ&Aができるようにしていくつもり。清瀬、小川、高梨、林、豊吉、村田ら電脳連が模様替えや改良を担当していきます。

 

<環境基本条例・案に意見書提出し四つの専門部会に八人参加!>

 延べ十五回に亘り条例案の学習会や、護美ごみ部会のアクション学習会をせりがや会館で開いた。小林美知、勲、桜井Pらで、町田で護る(英語でSustain)ものは何?具体例として小山田ごみ問題を考える会の「廃プラスチック中間処理施設」から議論した。環境基本計画を検討する専門部員として市に応募し、自然環境部会に佐藤武信、桜井、岩上、生活環境部会に佐藤勲、ゴミ部会に松前、田中誠、卯月武助、循環部会に吉濱が決まり、来年度より市民会議マザープランに基づき検証することになった。

 

<市庁舎新築?確か現庁舎の増築か、隣の一小敷地の利用じゃなかったのか?>

市民会議マザープランに分散とあるが、町田市都市計画マスタープランに芯の市庁舎について何か描かれていたっけ?それにしても誰のフトコロを当てにしてなのか?町田市はIT時代に都庁並の大ガランを夢みているのか、役人の減員時代に新たな容器は無用だ!そんな資金があれば電車のない芝溝街道中央部へLRTを敷設すべきとの意見もある。駐車場のない欠陥市民ホール用にいつの間にか買った敷地を今すぐ活用すべきだ!SG

 

-----------------------------------------------------------

 

HP  講座の通知に忙しい市民フォーラムから大雨の中再び桜美林大栄光館の学長室にとって返し、世界一周旅行から帰国直後の佐藤東洋士議長、情報システム後藤課長と村田が最終打合わせしctznfrmなるドメインで電脳化した。これから入会の呼び掛けやNPO資格取得が要ると議長が指摘された。9/11

HP  S.トヨシさん二人の指導と協力に桜美林大情報システム課の改良作業も加わり導入部もスッキリとオリンピックに参加した。後藤課長にDoAction!と二ケ月ごとの会報フォルムをdisquetteで渡して掛け替え、今後のEメールは電脳連へ直接転送となる。細部の石岡修正案を出す。9/20

 

講座  第一回「三鷹市の活動事例に学ぶ」が35名の参加を得て町田市公民館地下講堂で開催された。佐藤勲チーフが公民館職員の紹介で司会、渋谷謙三副議長の挨拶にひきつづき、みたか市民プラン21回儀の宮川斎代表の講演が二時間に及び、Q&Aが老若男女の間に活発に交わされ無事(ケイタイ中断)終った。9/23

 

環境  基本条例に盛り込む意見をまとめるため吉濱一義策定委員を含め、せりがや会館に集まり佐藤勲チーフ、渋谷、卯月、桜井P,村田が議論した。9/25

 

講座  第二回「イギリスのNPOに学ぶ」が柿原ユキ子副議長の挨拶で開催されたが、東京LA・NPO新井美沙子代表の魅力的な話にもかかわらず参加20名余り。前回は市民会議定例会を流してしまって、会議員必修の筈が今回も七八人だけ。NPOの要諦はマネーヂメントと資金にありの結論に説得力があった。10/7

 

SP  事質上の定例会となった市民講座の次回打合せに、村田、湯浅、渋谷、勲チーフ松前、柿原が午後フォーラムで招集、資料、アクションを協議した。10/11

 

市庁  舎を建てたい公共用地の周辺交通混雑など事務局の素人推量を聞いて、流石委員もがっかり。傍聴した村田、峰行、田中誠評も町田的カオスのまま。10/13

 

議長  東洋士、監査武信の両佐藤と村田が懇談し、市民会議と大学との協働につき後藤情報システム課長と提中生学セ事務長とで下準備することとなった。10/16

 

環境  勲チーフと村田、岩上、卯月、桜井が市の職員と協働すべく委員候補をきめ折衝することになった。生活環境・自然環境・廃棄物・循環の四部門へ。10/23

 

講座  第三回「世田谷区のまちづくり20年に学ぶ」を急病にめげぬ渋谷謙三副議長の司会で定刻始まった。一番乗りで町田を視察し、会場の模様替えまでさせた講師折戸雄司さんはユニク役人。青島幸男時代都立の紅白ゴミ煙突を内田昭蔵設計の世田谷美術館に調和させた。公民館名簿外の三輪緑山馬場志保子さん富田勇Sら25名の参加者と活発なやりとり。町田も満更すてたものじゃない!10/28

 

P定  例会議が一回だけの中止後、雨の中岩上P主導で開かれ松前、勲、桜井参加。〃講座 第四回「市民自治のまちづくり」が東洋士議長挨拶後、地域総合研究所森戸哲氏の講演で始まり渋谷、武信、松前、富田ら35名参加し湯浅録音写真家が活躍。11/18参加者による総括討議会を残すだけとなった。SG11/04

 

#コラム#鹿児島大教授がA紙に「カタカナ語のはんらん」を嘆いていた。千年前の漢語と二千年の今の英語の大流感。私は敗戦時自ら教科書に墨塗りした世代の故か、下から上以外如何様にも書ける日本語がいい。ロゴス始にありきだからカタカナ語で新鮮な概念を表現できる。漢字による新造語も可。議長裁定で併記とされた市民会議語だが、最初種々違和感もあったもののやっと定着してきたか?セクレタリ、プロモータ。チェアパースンは漢語の方がよい。文部省が定めたローマ字綴は全く消え失せHepburnのヘボン式が強かった。実際これが英語名の名発音。会報「フォルム」はローマ時代の発音通りで、氾濫しすぎたフォーラムより遥かに好ましく面白い事に別の意味にもとれるカタカナ語だ。バリヤ・フリーなどは英語人にも読んで通じるが、アドヴァイザなどはバに発音したら通じない。活き生きと刺激的な感じが古ぼけた顧問並となる。小さな補字での拗音擬音も駆使して原音に近づければレジュメ・フォルム等日本式外語も結構通じる。Doアクションにドイト式は不能。略語OALDによるとcolumnはフォルムの周辺を支え飾る柱の原義から新聞余録など筆者が交替しての欄となる。会議員みなさま寸鉄のご投稿を!SG夢連 五月二十七日の午後、かねて見覚えのあった裏道の黒塀の屋敷の株木門をくぐる。田中優子Adや青木幸雄さんが法政のシンポジウムをここまで出前させたテーマは大学と町の共存・文化財を生かす町づくり。相原の丘養蜂と如来を手仕事でつなぐ「朱雀のみち」を作り、史跡「青木家屋敷」を開放して市民と交流できる庭にしてしまった。この地域を将来エコミュージアムにしたいという。

 

  優こ帯び節こ帯びたり青き天       弘仁蔵実椎三

 

 

青年  団というのは平田オリザが代表している劇団名、桜美林大総合文化学科の助教授。JR東日本は列車時刻表にアクセスするため青年団と共にHPのリンク集に含む。この間にはさまるのがわが町田まちづくり市民会議のHPだ。大雨の午後ふたたび新築の桜美林学園栄光館五階学長事務室にて、世界一周旅行を終えたばかりの佐藤東洋士議長と情報システム後藤課長、村田電脳連が最終打合わせした。9/11

 

HP  ctznfrm@obirin.ac.jp これが市民会議のDemainだ。生涯学習センターextnsn@obirin.ac.jp内のEメールに入った通信は転送されるが対応する電脳連を早急にきめる必要がある。トヨシさんトヨシさんの労を多とし、豊吉、清瀬、小川、高梨、林の五名をそのままウエブマスターに指名して総務セクレタリと打合わせの上迅速に対応することにした。9/14

 

環境  条令についての研究会が9/15夜

 

講座  担当の打合わせが9/19午後

 

HP  電脳連と桜美林大情報システム課とのデザイン改良研究会が9/20昼

 

大学  HATSみんなのまちづくり学・基礎編の講師に三ノ輪利郎、大橋成夫両会議員が就任し10/15町田の街見学ツアーや12/9住宅地のまち並みづくりを担当

 

SP  会が11/25につづき開かれ第二回通常総会が新年二月三日(土)午後と決まり松本洋国際文化会館常務理事の講演が2~4時に予定された。