2016年

9月

14日

9月号の会報を発行しました。

 先月は夏休みをいただき、ふた月ぶりの会報発行となりました。第152号となります今号では、巻頭特集として724日におこなわれました境川クリーンアップ作戦について、実行委員長を務めた山口平太郎会員より寄稿をいただくことができました。また桜美林大学地域・社会連携室の福原信広課長より、2009年からの桜美林大学の参加の軌跡について、ご寄稿いただきました。

 今号の本紙後半は、鶴川自然友の会の代表である中野進先生へのインタビュー取材から編集部による特集記事を組みました。このように今号は、町田市の環境保護の市民活動の過去と現在をつなぐ紙面となりました。町田市の市民活動の厚みがあればこそ可能になった今号です。関係のみなさまに厚く御礼を申し上げます。

まちづくりは市民が主人公

『フォルム』2000年第5号 machi DA forum 

 

Home Page>はオリンピックと同じ!

 桜美林大システム情報の後藤課長が夏休み中なのに準備し、木村真理子アーキテクトや大橋成夫グラフィック・デザイナの指導を得てやっと豊吉力作が出来。市民会議の電脳連が議長の希望に近い結果をコンピュウタの画面に写した。建築家や芸術家のうるさい注文とか定例会義でのヒントをできるだけ含め、出来栄えもまずまず。九月十五日のシドニー五輪開会に合わせて桜美林大学ホームページ Campus Navigatorリンク集の「その他」に開設される。勿論、大学とは独立していること明白で、改良は勿論将来ここからそっくり引っ越しも容易にできる。

 ホームベーヂ「町田まちづくり市民会議」として開けば、佐藤東洋士学長としては生涯学習センターはじめ大学教職員や学生連もアクセスするものと期待され、町田ゼミ同様にシステムの間借も利用を許されたわけです。

 なお「掲示板」を付け加えるためウエブマスターを交替で会議員が引き受け、Eメールで自由にQAができるようにしていくのがホームベーヂの理想で、清瀬、小川、高梨、林、村田ら電磁連が模様替えや改良を担当していきます。

 

<環境基本条例って何?>

 二回にわたって市が策定した条例の夜の学習会をせりがや会館で開いた。護美ごみ部会のアクション学習会を含めれば三回になるが、小林美知、勲、桜井Pらの熱心さにも拘らずもうひとっピンとこない。町田で護るものは何か、英語ではSustainとか。具体例として小山田ごみ問題を考える会の「廃プラスチック中間処理施設」を複写した。

 

<市庁舎はどうなるの?>

 有志で初回、二回目と傍聴し、三回目は十月十三日までない。まず市のココロヅモリがよく分からない。確か現庁舎の増築か、隣の一小の敷地を利用するんじゃなかったのか?独白ナリ:市民参加とはたった二名?近傍の代表八名とは個人の利益代表じゃないの?散漫な議論だけどなかには市民感情を大切にしようとの発言もあるから希望がもてる。

 首都圏の芯産業都市に指定され、となりの市と合併した後なら都合のいい場所かもネ?町田市都市計画マスタープランに芯市庁舎について何か描かれていたっけ?それにしても誰のフトコロを当てにして、いつつくる気なの?町田市公共公益用地利用検討委員会とはそもそも何という意味なのかな?SG

 

市庁舎屋を新築して町田市役所をまとめようという市長主催の「町田市公共公益用地利用検討委員会」が開かれた。相模原市境の日米自転車工場跡で市民示-ル隣接181万平米が高見沢委員長下約一年の予定で審議公開と傍聴した。731

 

HP  SP会議にて電脳連の林、豊吉、村田、小川、高梨が立会いホームペーヂの原案を映写、柿原、武信、湯浅、勲、桜井、岩上Pと設計について検討した。次回に大目次など分かりやすく魅力ある導入部を加え改良することになった。826

 

市庁  検討委員会の傍聴は大橋、豊吉、村田、柿原、佐藤勲ら六名となり、市役所地下での故かその議論は右往左往。僅かに一般市民から加えられた女性委員の素直な疑問点指摘と市外から呼ばれた大学教授委員の広い視点が目立つのみ。828

 

環境  基本条例を学習しようと桜井、佐藤勲Pが吉濱一義策定委員を招きせりがや会館にて、市民参画も含め議論を交わした810に引き続き基本条例に対し「町田の護るべき美しい環境」を盛り込ませようと議論を交わし、村田、卯月、佐藤勲、岩上、渋谷が吉濱氏を加え桜井Pに素案作りを次回までに依頼した。830

 

HP  学識経験者を招き電脳連が夏休み中の桜美林大学情報システム課に集まってHP導入部などを826の意見も加えて改良し、後藤課長が佐藤東洋士学長の公開了承を得るため近日中に見せることとなった。村田、豊吉、高梨は今後のウェブマスターと掲示板について協議をつづけ早急に結論を出す。95

 

護美  小山田環境対策連絡協議会の臨時総会が町田リサイクル文化センターで開かれた。例の背広の八十翁から役員募集に可愛い手を挙げた幼女まで113人が夜集まり小林美知、渋谷、村田らも出席、都立大広瀬議長の司会で熱心に議論。96

(小林美知Pの小山田ごみ問題を考える会としての抗議に対する回答を参照)

 

講座  公民館への市民参加申し込みを促進するため急遽町田フォーラムに集まってDMにより手をうつことになった。HPの最終打合せもシドニーオリンピックの開会まで桜美林大の情報システム課に電脳連が集まり連日しごとで大忙し。911

 

#町田の商店街♯

 こんなマチがあったらいいなあ~ナルテーマでフェスタまちだ2000実行委員会後援にろく会主催の「まちづくりシンポジウム」が開催される。あんな商店街、こんな商店街みんなでワイワイガヤガヤ、何でも出てくる商店街。今度そんな商店街をもっともっと!よくしよう!こんなふうにしよう!な-んて!ウキウキするような企画が出来ました。楽しいトークシヨー形式にて下記の要領で開催します。みなさんお誘いの上、どしどし!ご参加下さい.九月十六灯午後一時半~三時半(開場一時、入場無料)

新築の会場ぱ・る・るプラザ町田5F(東急ハンズとなり)

挨拶:土方隆司、講演:山本忠夫。バネリスト:山本忠夫、

   平本勝哉、柳沢秀秋、大橋成夫、坂口朝美。

コーディネーター:米増久樹。               SG

 

    専門家から学んだこと

 町田市は「廃プラスチック中間処理施設について専門家の意見を聞く会」を3回行いました(91811271220)。その中で指摘された事を簡単にまとめてみました(大渕)。

 

◇◇梶山 正三氏(弁護士・理学博士)***********

◆容器包装リサイクル法(容リ法)は義務づげられていない

・容リ法に適用されるプラスチックはごく一部。容リ法の悩みは受入れ先がない。いったん容リ法で回収されたものがまっとうに再資源化されているのか疑問だ。

・容リ法の一番の欠点は、収集から保管まで事業者の経済負担がないこと。容リ法から抜け出して自治体負担が大きい部分や処理の難しい部分を事業者負担になげかけたらどうか

・自治体が容リ法にどのように参加するのか、法的には何も義務づけられていない。だから急ぐ必要はない。2年位は待って、様子をみながら見通しがつけばやればいい。

◆プラスチック処理の危険性は出来るだけ避ける努力をすべき

・プラスチックの圧縮から有害物質が飛び出る可能性は十分ある。しかし、プラスチックの処理で何が起こるのか、今の化学レベルでは誰も断言できない。疑わしいものはできるだけ回避するのが原則。できる範囲で、不明確でも化学物質を最小限にする努力が必要だ。

◆施設建設には市民を加えた検討プロジェクトを

・建物全体の空気を全然外に出さないようにするのは相当難しい。今の段階でみる限り、施設から有害物質が出るという前提でみたほうがいい。

・プラスチックの圧縮施設はいずれ必要だと思うが、行政だけでやるのは疑問。地域住民と専門家を交えて安全性の十分な検討が大事。検討プラスチックのような組織を考えたらどうか。

・施設建設の前にモデルプラント実験が必要だろう。実際にゴミを使って、110のスケールでモデル実験をするといい。メーカーにやらせるべきだ。

・今後の施設の維持管理は、住民に情報を公開して早く問題を解決する予防システムを確立しなくてはいけない。

・行政が厳しい壁を乗り越えるためには市民の協力が不可欠。市民の側にも努力が必要。

 

◇◇村田 徳治氏(循環資源研究所所長)

◆容器の中身が混合される危険がある

・プラスチック容器の中に残った塩素系溶液と、アルカリ性容液が、圧縮時に混ざり、猛毒ガスが発生する危険性が高い。

◆容リ法で事業者の負担がないのはおかしい

・容リ法では一番お金がかかる所を自治体が負担しないといけない。だからメーカーは、環境にいいリサイクルしやすい包装にしようという意識がでてこない。ばかげた法律だ。

 

〔住民〕

◇何故、リサイクル文化センターなのか?納得できない

・町田市のごみの一極集中は困る

・周辺住民は長年ダイオキシン等の被害を受けつづけている

・最終処分場の安全対策等の問題も未解決

・廃棄物減量等推進審議会の答申にも適正な分散が望ましいとある

◇「廃プラスチック中間処理施設」の安全性に不安

・専門家が、施設から化学物質の出る可能性があると指摘している

・杉並病はプラスチックによる化学物質汚染との指摘がある.

・町は市の施設に対する現状の安全対策では不安

・他の類似施設が安全だという根拠を示してほしい

・これ以上のリスクは要らない

◇施設建設が発生抑制につながるのか疑問

・市の発生抑制・排出抑制策が甘く、ごみ減量の長期的な見通しがない

・ダイオキシンが減少しても、他の有害な化学物質が出ては困る

◇容器包装リサイクル法の問題

・この法律が施行しても、プラスチックの引取先が少ないと指摘されている

・事業者の負担が少なく、発生抑制につながらない

・この法律に自治体がどのように参加するのか法的義務はない

◇施設建設には、検討委員会を設置してほしい

・施設の是非から検討する委員会を市民と専門家を加え作ってほしい

・ごみ減量には、発生抑制の具体策が肝要。その検討を急いでほしい

・広く町田市民の問題として知らせ、皆で考えてほしい

◆施設建設を急ぐ必要はない◆

小林美知  小山田ごみ問題を考える会長

 

〔行政〕

◇いろいろと検討し、リサイクル文化センターに決定した

・早く、プラスチックを燃やさない埋め立てない処理をしたい

 ・用地確保や収集体制、リスク管理などいろいろな角度から検討した

 

◇「廃プラスチック中間処理施設」は安全

・常識的に見て、プラスチックの圧縮では化学物質は飛び出ないと

・杉並の施設と、廃プラスチック中間処理施設の内容と規模が違う

・農薬や塩素系の容器は対象から外す

・他の類似施設では問題が起きていない

・稼働後、リスク管理するシステムをつくる

◇施設はごみの減量、ダイオキシンの低下につながる

・この地域の環境負荷を軽減するために施設を建設したい

・施設はごみを1割減量し、ダイオキシン類も減少する。

◇容器包装リサイクル法は発生抑制につながる

・この法律で事業者に廃プラスチックを再資源化してもらうこと

・事業者負担が生まれ、発生抑制にもつながる

・他の自治体でもこの法律に参加する

◆施設を早く建設したい◆