2016年

9月

14日

9月号の会報を発行しました。

 先月は夏休みをいただき、ふた月ぶりの会報発行となりました。第152号となります今号では、巻頭特集として724日におこなわれました境川クリーンアップ作戦について、実行委員長を務めた山口平太郎会員より寄稿をいただくことができました。また桜美林大学地域・社会連携室の福原信広課長より、2009年からの桜美林大学の参加の軌跡について、ご寄稿いただきました。

 今号の本紙後半は、鶴川自然友の会の代表である中野進先生へのインタビュー取材から編集部による特集記事を組みました。このように今号は、町田市の環境保護の市民活動の過去と現在をつなぐ紙面となりました。町田市の市民活動の厚みがあればこそ可能になった今号です。関係のみなさまに厚く御礼を申し上げます。

まちづくりは市民が主人公

『フォルム』2000年第4号 machi DA forum 

 

<市民講座>の骨格かたまる!

 かねてアクション参画として特別委員会が町田公民館担当と努力してきた学習テーマは、『町田市に市民自治のシクミをどうつくるか」 P a r t 1

講師としては次の五人が内定しました。この秋九月より毎土曜の午後に連続行います。

宮川 斎氏 三鷹市の活動事例に学ぶ「みたか市民プラン21会議」   9/23

新井美沙子氏 イギリスのNPO活動に学ぶ             10/07

森戸 哲氏  いま、なぜ市民自治のまちづくりが求められるのか   10/14

折戸雄司氏 世田谷区のまちづくり20年に学ぶ            10/28

卯月慎一氏 市民自治のまちづくりはどうすれば可能か「総括討論」   11/18

 最終回はパネルに佐藤東洋土議長と峰行敏夫都計審委員を加え、参加者との意見交換をして締めくくり、学習を毎年つづけていく市民が行政への働きかけや対話によって「市民参加条例」や「まちづくり条例」を実現させていくことにします。もちろん無料で、資料も入手でき毎回の出席が期待されますが、皆さんの都合でいくつか選ぶのも自由です。公民館が一万枚のチラシを作るので会議員からの配布を! 詳細は佐藤勲、渋谷の運営まで。

 

Home Page>の肉付けはじまる!

 桜美林大のシステム情報課の後藤課長、石岡、高良課員それに中国からのエキスパート劉宇さんの協力を得て、市民会議の電脳連が活躍をつづけた結果がコンピュウタの画面に出てきた。デザイナや芸術家もうるさく注文つけるのをパソコン利用者が巧みにさばき、出来栄えはいかがか?八月の第四土曜日夜、町田ゼミでの定例市民会議に検分してもらえるところまで漕ぎ着けた。HP計画中の夢連からも青木さんらが参加するので、林裕克Sら夏休中に拘らず提中Sに頼み70万円もする電脳映写装置の借り出し準備にかかる。

 そもそも、ホームペーヂを町田まちづくり市民会議として開こうとの発言は佐藤東洋士議長から Part2 発足まもなく出たものです。自然、学長として大学教職員や学生連も町田市民との認識があり、町田ゼミ同様コンピュウタ投備の利用も許されたわけです。

 なお桜美林大学 Campus Navigator のリンク集 その他の Index 青年団とJR東日本の間に「市民会義」としてわがホームペーヂが予定されています。

 

♯朱雀路♯の次に夢連は青龍の路を911月間に作業し、11345に行われるみちまつり完成の予定。岩上Pの緑の尾根を歩こう会、湯浅Pの文化アクション如何 SG

 

講座  市民講座として町田市全部が対象となることに決定し六月末までに申請する。題はやさしい言葉にして参加したい気にさせ、ビラなどでも宣伝する必要あり。九月半ばまで公民館が工事予定なので講師への折衝を始めたいとの峰行チーフ言。

 

町田  ごみない倶楽部2000の発足が岩上Pより発表。 渋谷、田中誠、小林美知Pらが参加し運営しているとのこと。護美こみ部会と交流したら如何。 (527日)

 

未納  会費について督促状は郵送したが後はそのまま自分の判断に任せるべきと武信案。

 

講座  桜美林大からも適当な講師をとの声あり「高齢化と福祉」が専門の助教授の名もあげられた。市民参加がテーマなので峰行チーフか調整すること。 (610日)

 

HP  最小限30万円かかる立上げにつき提中、峰行、村田立会い専門家同志の協議をした結果、桜美林大の協力が得られ実務を推進することになった。経費が掛らぬ仕方を研究する為、高梨、小川担当や清瀬Pなどパソコン駆動者にも相談する。

 

手動  月1回の掲示板形式としウエブマスター不在の為、Eメールは止めて外から見るだけ。頁面はフロッピーで手動式とした。最初のデザインと初期頁を無料作成のお願いできるヴォランテアを探し出し試作を会議員に見せ時期をみて公開する。

 

応答  FAXにより行う。決まり次第「フォルム」にHPアドレスを掲載する。

 

3  会議員のリストP1作成が終り、入会意思確認 P2の正式書状を出した。入会の可能性あるP3も作成してPRしていく。特に女性と電脳中青年を対象!峰行S退会にともないP3へ。佐藤武信Sに引継ぎを願い了承を得た。

 

講座  峰行チーフの後任は佐藤勲Pが推薦された。

 

護美  こみアクションとして七月一日せりがや会館にて学習会が開かれた。勲、松前、小林美知 Pが夫々ダイオキシンの計測法など問題点を解説し、卯月武助、桜井、村田などの質疑応答を夜遅くまで続けた。尚、連絡もれありクラスタ改良の要。

 

市議  会にて環境部の常任委員会が七月十五日開かれ傍聴の招集あり、3時半には渋谷、松前、小林美知 Pらを見掛けたが超満員の傍聴席と審議時間が3時間以上ずれ村田らは諦めた。市民会議で後日説明を期待する意見が出た。

 

講座  公民館利用の佐藤勲、柿原ユキ子両ヴェテランが25日「市民講座」を申請した。616日アクション参画部会にて、渋谷、柿原両副議長、峰行チーフ、勲、村田が峰行案を了承し、各講師を中心に916日以降連続して実施の予定。

 

環境  基本条例について勲、桜井Pが説明。文福アクションについては湯浅Pが先導。新市役所計画について大橋会議員より電話説明があった。 624日)

 

会計  佐藤武信監査と林裕克会計による帳簿など確認し、中間決算は来月中に発表する。

 

半期  毎に桜美林大にて大規模集会をとの意見あり、HPの展示などを検討する。(7月8日)

 

講座  峰行チーフの後任には佐藤勲Pが推薦され、運営共々公民館と打合せを続ける。公民館利用の「市民講座」を申請するため、アクション参画特別委員会の峰行~勲原案の講師を中心とし,923日~11月まで実施とした。 616日)

 

環境  基本条例について勲、桜井Pが説明。文福アクションについては湯浅Pが先導。 新市役所計画について大橋会議員より電話説明があった。(624日)

 

護美   こみアクションとして学習会がせりがや会館で開かれ、佐藤勲、松前、小林美知Pダイオキシン問題点を解説し卯月、村田、渋谷、桜井P共々討論 (71日)

 

市議  会にて環境などの常任委員会が開かれ傍聴の呼掛けあり、3時半には松前、渋谷、小林美知Pを見掛けたが超満員の上審議が大幅に延びて諦め続出 715日)

 

まち並  アクション自由ヶ丘見学についてオホネオリたまわっていた清瀬チーフが蹉跌をきたしてフジユウとなったため当分延期することになった。 (722日)

 

HP  桜美林大の情報システム課に電脳遵があつまりホームベーヂの原案を検討した。826日定例会議にて携帯接続パソコンによりHPを見てみる 724日)

 

♯風水理論♯の松本さんが相原~津久井の古代まちづくりを研究して四神、玄武白虎青龍朱雀の山々のうち開都なる地区のピークを朱雀山とした。直刀の発見された横穴古墳から鎌倉古道、市が史跡指定した青木家へ出前した講座まで相原の人々の営為は面白い。風水の現代的解釈も建築家それぞれに見られ、清家清の「家相」でも言及されている。SG

 

 

 #朱雀の路♯              青木幸雄A/SGQ

Q 町田街道が西北進し16号を越えて細くなると、右手栗林ごしに長い黒板塀を見る。相原の踏切でつかえるためゴルフ往還に何か由緒あり気でも立寄れなかったが?

A あれが青木家で四年前からの計画道路だが総合的でない。国や都の計画じゃなく夢連は自分達のための道を手づくりでと考える。相原町の活性化として、行政区分を越え津久井や城山の湖水山森をふくめた広域へ西向きに発想する。東の町田中心街へは振り向かないで、水源から上流の境川流域を一大庭園と観ずる。飛立つ白鳥の町田全体の方角を決める頭脳にあたるのが相原なのだ!青木家の耕地も昔からあっちだった。

Q なるほど相原人の発想は白鳥の尻っぼ玉川学園からきた外来人とは大いに異なるが、東京オリンピック用に整備された道路を通って相模湖まで45分だったのが、今ここまで同じ時間かかる。もうクルマ主役じゃなくて歩行する人間主役と考え直すの?

A 便利さよりも心の豊かさを求める。相原の八王子側も相模原側も住宅と道路で裸同然剥がされて緑の帯は多摩丘陵の草戸山まで。365mの別名一年山から西の武蔵野山や高尾山、三峰、大地沢あたり都が語らいの道と称して将来自然歩道に繋ぐという。

Q 緑の遊歩道計画は役人製だが相原の市民は自分達で遊歩道をつくる気なの?

A 点在する歴史の跡を繋ぎながら、自分達の道をつくる。これは江戸時代から道普請は地元民がやったのだし、子供の頃から今までも自宅前の雪掻きまでやる。市民センター前だけ役人の掃除が遅れくっきり残って恥となった。税金払えば何でも役所の仕事という風潮もあるが、昔通り自分達でやらねばと意欲が出てきて朱雀の路となった。

Q 神奈川新聞に載っていた優子先生の「新しい道づくりの方法」がそれだね。ところで遠くからも参加者のあった大学出前講座の後パーティで耳にしたけど苦労話は何?

A 道普清はフロンテア精神ある人に回覧板で呼び掛けた。肉屋、豆腐屋、退職者、地元社長や建設業者、みな手弁当で十五人。遠く三重県から社会経済センター研究員まで参加。その吉島隆子さんは「多摩の横山道づくり」で報告して「きつい仕事だったが市民参加でなく行政参加と言える一歩進んだ地域づくり。人伝てに面白そう!だったのが本当だとなると発信せずと何処からでも集まる」行政がする事という既成概念を壊して自分が汗を流す。その姿に感化され子が親を見習う。働いて汗を伝える大切さ。これは現代の稀薄な親子感情すら改善していく手立てとなるのではないか。

Q みちなき道をつくる方法は?「朱雀路」スザクとはどこから命名したの?

A [赤道」即ちアカミチが江戸時代から公図にあり、お上の検地のためどんな土地へでも歩いて到達できた。青い水路は米作水利の共用で独占はできなかったが、赤道は廃止できず誰でも自由に使える公道だ。あの朱雀路となったのは赤道を草茫々の中から探し出し径2センチもある篠を鋸引きして復活させた。優子先生までGパン姿で一本一本伐っていく、春の陽気で汗だく女性に苦手のムカデや蜘蛛蛇も!遊び半分の隆子さん重労働になった分だけ印象的だったわけ。風水理論から開都のピークを朱雀山とされたので相原駅から尾根、修行の道、古道まわり長福寺までを朱雀路と命名した。

 

* 一般に発信元は総務セクレタリとし、各連の世話人宛とする。世話人は連中に連絡しS定例は毎月第二土曜日の午後6半~8半、 町田ゼミ 728-xxxx

* アクションについては幹事プロモータが発信を代行し、P定例は第四土曜日の同時間。但し、SP合同の際は第四土曜日とする。