2016年

9月

14日

9月号の会報を発行しました。

 先月は夏休みをいただき、ふた月ぶりの会報発行となりました。第152号となります今号では、巻頭特集として724日におこなわれました境川クリーンアップ作戦について、実行委員長を務めた山口平太郎会員より寄稿をいただくことができました。また桜美林大学地域・社会連携室の福原信広課長より、2009年からの桜美林大学の参加の軌跡について、ご寄稿いただきました。

 今号の本紙後半は、鶴川自然友の会の代表である中野進先生へのインタビュー取材から編集部による特集記事を組みました。このように今号は、町田市の環境保護の市民活動の過去と現在をつなぐ紙面となりました。町田市の市民活動の厚みがあればこそ可能になった今号です。関係のみなさまに厚く御礼を申し上げます。

まちづくりは市民が主人公

『フォルム』2000年第2号 machi DA forum 

 

初の<DoAction>町田まちめぐり!春爛漫の329日(水)に自由参加を!

 町田市役所中町分庁舎へ午前9時までに集合して、秘書課市民相談係724xxxxが無料バスで案内します。参加者は手弁当飲料(昼にコンビニ立寄)にて小雨決行です。行先はこどもセンターばあん>ケアセンター成瀬>高瀬橋>玉川学園ミニバス予定路経由鶴見川クリーンセンター>薬師台経由自由民権資料館>扇橋>リサイクル文化センター>ふれあい桜館>中町分庁舎。午後5時解散の予定です。幹事プロモータ佐藤勲の予約受付25日迄。申込みは最寄りのプロモータP、セクレタリSまで。(会議員以外でも結構です、がクラスタ連絡にて申込み先着40名までとします)

 

 市民会議活動の基本方針の①主人公となるため、学生から高齢者まで、階層ジェンダーをこえてだれでも自由に個人参加でき、具体的なアクションを通してまちづくり意識や能力の水準を上げる。これを目指しまず第一番に自分たちの町を知るところから入って次の段階にそれぞれ登り上ろうというわけです。

 

アクション参画(峰行チーフ、渋谷謙三、佐藤勲)

アクション護美こみ(岩上誠次チーフ、小林美知、松前昭広)

アクションまち並(清瀬チーフ、村田弘、富田勇)

アクション文福(佐藤勲チーフ、柿原ユキ子、佐藤東洋士)

 

次回は? 見学と講演を通した研究会になります・・・

 

 自由ヶ丘の街なみ・・・清瀬チーフの尽力により段取中の見学会。目黒区の中心商店街と住宅地、私鉄の交差や通過交通の多いこの地域が、石井漠の命名以来の文化と伝統とをどのように活用して問題を解決して来たか? 似ている立地の多い町田と比べましょう。自由ケ丘商店会の会長が町田に店舗よく進出してきました。

 

 地域市民参加についての講演と研究会、峰行チーフにより鋭意準備中です。市民の為の講座を短期間に5回開いて公民館予算をあてるという説明会が四月中に行政がおこなう。

アクションとしてとりあげようとの声が高い。(文責村田)

 

D o A c t i o n!だより

賛助  柿原副議長らが学校法人桜美林大学よりの賛助金など受入れの準備をはじめた。

 

会報  フォルムをニケ月に一枚はかならず発行することとなった。渋谷副議長の提案で用紙は再生したものを使うようにしていく。(2000129日)

 

昼間  夜だけではとの意見から、桜美林町田ゼミで昼間役員会を開いたが集まりわるく会場も考慮してもっと参加しやすいようにすることとなった。

 

寄付  渋谷謙三さまと湯浅起夫さまより大口ご寄付があった。小口のご寄付が岩上誠次、柿原ユキ子、佐藤勲、佐藤武信、渋谷謙三、富田勇、松前昭広2、峰行敏夫2、村田弘、湯浅起夫、山口平太郎、卯月武助、樋渡敏彦の皆様より。(25日)

 

幹事  プロモータ会が9名参加して開かれ市内の施設や道路をめぐるバスツアーの詳細が検討された。佐藤勲チーフの説明には南町田駅周辺の副次核開発や、かしの木山自然公園、余裕教室のデイサーヴィスセンター、ビオトープ池、佐藤武信監査自慢の緑山住宅、鶴見川源流の小山田、相原大地沢なども入っていたが整理して第一面の通りの経路となった。他の施設も次回とりあげられるよう会議員よりの提案を期待したい。

 

昭和  48年版の町田市長期計画策定に関する答申なる「考えながら歩くまちづくり」の渋谷蔵書を柿原副議長が勉強しましょうと主唱した。(226日)

 

HP   佐藤東洋士議長より提案されていたコンピュータ利用の推進に基づき、会議員の小川貫ほか数名が協力して、提中Sとともに Home Page 開設下準備をすることとなった。(32日)

 

連絡  クラスタのつながりや会報「フォルム」の配布も改良すべきこと。会議員数名簿の整理と所属アクションの希望を集めることとなった。(311日)

 

#コラム#  

鹿児島大教授がA紙に「カタカナ語のはんらん」を嘆いていた。千年前の漢語と二千年の今の英語の大流感。私は敗戦時自ら教科書に墨塗りした世代の故か、下から上以外如何様にも書ける日本語がいい。ロゴス始にありきだからカタカナ語で新鮮な概念を表現できる。漢字による新造語も可。議長裁定で併記とされた市民会議語だが、最初種々違和感もあったもののやっと定着してきたか?セクレタリ、プロモータ、チェアパースンは漢語の方がよい。文部省が定めたローマ字綴は全く消え失せ H e p b u r n のヘボン式が強かった。実際これが英語名の名発音。会報「フォルム」はローマ時代の発音通りで、氾濫しすぎたフォーラムより遥かに好ましく面白い事に別の意味にもとれるカタカナ語だ。バリヤ・フリーなどは英語人にも読んで通じるが、アドヴァイザなどはバに発音したら通じない。活き生きと刺激的な感じが古ぼけた顧問並となる。小さな補字での拗音擬音も駆使して擬音に近づければレジュメ・フォルム等日本式外語も結構通じる。Doアクションにドイト式は不能。略語OALDによるとcolumnはフォルムの周辺を支え飾る柱の原義から新聞余録など筆者が交替しての欄となる。会議員みなさま寸鉄のご投稿を! SG