2016年

9月

14日

9月号の会報を発行しました。

 先月は夏休みをいただき、ふた月ぶりの会報発行となりました。第152号となります今号では、巻頭特集として724日におこなわれました境川クリーンアップ作戦について、実行委員長を務めた山口平太郎会員より寄稿をいただくことができました。また桜美林大学地域・社会連携室の福原信広課長より、2009年からの桜美林大学の参加の軌跡について、ご寄稿いただきました。

 今号の本紙後半は、鶴川自然友の会の代表である中野進先生へのインタビュー取材から編集部による特集記事を組みました。このように今号は、町田市の環境保護の市民活動の過去と現在をつなぐ紙面となりました。町田市の市民活動の厚みがあればこそ可能になった今号です。関係のみなさまに厚く御礼を申し上げます。

まちづくりは市民が主人公

『フォルム』

2003年――寒風――19 machiDAforum

 

<再まちづくりリーダーは誰か?>

 旧聞だが大都市長の権限は大統領並で一寸した国の予算規模を自由にし面白いそうだ。県知事もかなり大胆な裁量ができ市町村長すらやる気あれば何でも可能と、三重、横須賀や鷹巣まで話題に事欠かない。先に立つ者か?教科書か?どっちかで大きく差がつく。日本語にはLとRに差がないからしかたなくカタカナゴとしてごまかしたがリーダーは本人次第で新機軸とも古びた教条ともなるのだ。

 

<問題keepingYouInformed!>

 市議会だより2/2には既に言及していた問題のIBMグランド跡地活用策の決議など民間運動施設や新庁舎、市民病院、団地再生について知り合いの議員が質問し市長はじめ助役、総病院長らの応答が載っている。曖昧模糊で広津和朗の散文精神でも分らぬ。

 ケーブルテレビ中継でもして両者の顔付、腹の内が想像できるようにしたら如何かな?傍聴席はごく僅かなのだから市民の関心を集める手はこれに限るて。

 

<玉川学園三丁目の改良!>

 北口丘の上の都有地にみなで相談した児童館、集会所、保育園を含む多目的ひろば完成の春が近い。すぐ隣に高齢者在宅サービスセンタもあり、ストックホルム工大の70年来理想環境にそっくりだ。協働でいろいろ面白いアイデアも出来てくる。運営準備会の玉連内田延子さんは行政とのパートナシップによる成果とて「この指とまれ!」

 前号のなかよし公園周辺道路問題もその後さっぱり音沙汰ないし、マイクロバスの赤字予想も出しっ放しでやるのかやらぬのかリーダーがいなくなった途端色あせる。

 

<再IBMグラウンドの改悪?>

 近隣住民に長谷工が説明し、里山面坪萬余に長城の如き高壁アパート計画を建てる資本は関西人とか。建築基準法内だろうが富士山頂もみにくいし小田急ガード下など交通難を殖やし国立市と同じ景観論争も。二、三千人も住むとなれば市のインフラも大変だ。以前町田市は買取を断わったというが市民には知らされず今まで市議も知らなかったのか?

 

 

Do Action!だより――寒風――19

まや  作詞作曲「このゆびとまれ」のピアノ弾き歌いは2002師走の協働発表を飾り五十名を超す参加者は稲垣幸代おひさま会、井上統夫人と河合栄子地場農応援や佐藤允了芸術談など聴くうち東洋士師走り上映古写真や話も娯めた。12/14

 

市民  病院の財政窮乏医・看護師過労など問題シンポジウムに豊吉Sが参加■総病院長など任命とは?一方環境賞の秋田赤十字や聖路加、青梅市立病院も!12/15

 

環境  部と市民団体エコネット・ごみない倶楽部合同懇談会が今後も続く。12/21

 

新春  HPは1/8豊吉・石岡連携で。総会は3/8桜美林大LL館1101を予約し、あとは佐藤東洋士議長の行動予定次第で決まることに?と提中S。12/2

 

江戸  まちづくりの成功ぶり浮世絵がベルリンから里帰りと田中優子先生の解説記事で欧州が日本の一つの理想的都市とて東洋美術館で展示していたとは!12/2

 

Ma  ティダ広場への計画道路を横切る駆け足小路などに交通信号がつきしばらく観察すると人々は寒さの中待ち切れず渡り始める。あまり車も通らぬのに長い赤信号。むしろ反対にするかゼブラゾーンで小路をまとめ何処でも渡れるように!1/4

 

環境  受賞の鴨川市の亀田クリニックも見学してきた。プランよく看護婦を専用通路へ廻し恐怖感抑えモービルや絵画で街の雰囲気。道の駅で長狭米お握りも。1/7

 

S会  豊吉・しのぶHPを石岡・村田連絡でうまく機能させた電脳連初仕事。1/10

 

四輪  自転車三人乗式が上滝尚久さんらテクノフェアホテルエルシーに展示する2/5 チョロQ自転/電池バイクや一人電池自動車U、ダイハツ燃料電池軽も出展とか

 

横浜  役人の限界とて改革案を引取り市長自ら外の力で四月までに発表とか。1/16

 

老母  四国から町田の娘一家近くフラット住み独立スポーツで友達づくり、小学校にて300円会費の気楽会入りなどTV放送。似た例が世田谷の友人にも。1/21

 

決議  IBMグラウンド跡地を市が小中学校や市民用に活用するよう市議会が。2/2

 

テク  のフェア2003で上滝式リンリン3/4を見学。町田には358もの技術工場あるほか工学院大の世界最小折畳自転車や多摩美大電気バイクも面白い。2/5

 

 

庁舎  建設検討に高見沢都立大教授と田中誠会議員らが当る一年を見守ろう。2/11

 

S会  豊吉・村田電脳連、提中・原久留美フォルム連、中井・峰行情報連も。2/14

 

 

#洒落た街並づくり#

 推進条例案を都が今年十月までに施行するとか。木造密集地域を再生するためデザイナーまで派遣するらしい。京都の96年美観条例で鴨川のコンビニ看板色をグレイ化し、横浜の元町・馬車道から渋川駅~榛名山口の商店街まで成功例も多い。次は町田!

 問題は電柱・電線の始末だ。イタリアの古都ではガス街灯を電気に切り換えたとき地下に埋めるのが当然だった故頑丈な建物の内部のみ改修し有名店を集め再生に成功した。

 川越は土蔵造りを台無にし江戸時代になかった物を皆無にし商店街として再生した。市民の美意識が海外旅行で目覚めだした今こそ空が広くきれいにみえる町にしよう!