2016年

9月

14日

9月号の会報を発行しました。

 先月は夏休みをいただき、ふた月ぶりの会報発行となりました。第152号となります今号では、巻頭特集として724日におこなわれました境川クリーンアップ作戦について、実行委員長を務めた山口平太郎会員より寄稿をいただくことができました。また桜美林大学地域・社会連携室の福原信広課長より、2009年からの桜美林大学の参加の軌跡について、ご寄稿いただきました。

 今号の本紙後半は、鶴川自然友の会の代表である中野進先生へのインタビュー取材から編集部による特集記事を組みました。このように今号は、町田市の環境保護の市民活動の過去と現在をつなぐ紙面となりました。町田市の市民活動の厚みがあればこそ可能になった今号です。関係のみなさまに厚く御礼を申し上げます。

まちづくりは市民が主人公

『フォルム』2002年――秋風――17 machiDAforum

 

<フェスタ・Festa・祭のおまつり?>

 町田のあちこちで祭り。カジが夏から秋に交替した!まつりは遊びだ、子供と大人の。琉球弁で発音すると風はカジ! 沖縄語ティダは太陽。 ま、ティダとは?マティダ!エイサーが町田に根付いてきてあちこちで演奏。多摩モノレール終点予定地も野外劇場!2・4・11の中央分離帯が壊され緩やかな前さがりの路面、T字路に交わる底そこ舞台長椅子を並べると東急の空中歩廊がプロセニアム・アーチに見えてくる。りんけんバンド、安室奈美恵、十月上旬に夏川りみが歌う「てぃだ~太陽・風ぬ想い~」

 我々ぬウムいは広場!この機にここは歩行者天国、街の芸人ショウ・コーナー!階段が両側につき、デパートのエレベータ利用の二階桟敷。新築の公民館からだってすぐ老若男女が自然につどえる広場に、暑い陽よけ・にわか雨よけTentを!

 

<冒険遊び場たぬき山!>

 公民館通りの古い会議室で一緒に使い方を教わった市民グループの一つに岡本恵子さんらがいた。市民会議のセクレタリが自己紹介し「フォルム」を手渡してからはや幾年?成瀬三ツ又には井上恭一さんらの協力もあり遊び場が出来ている。子供と大人の協働で毎週ヘンゲしていてとどまらない狸の如きオモシロさ!

 

苦言  6チャンネルのモーニング・サンデーで田中優子教授がわが国の豊かさにモラル欠如が甚だしいと指摘、NHKのお江戸での完全リサイクル社会解説も良かった。どちらも夏向きのきもの姿ゆかしく暑苦しいアナウンサ背広と対峙?8/11

 

HP  追加写真の説明を夏休閉鎖中にも関わらず出勤の石岡スペシャリストと電脳連の豊吉Sが打ち合わせ、中井Sも名簿2002整理の結果をFAXした。8/12

 

白書  環境審議会を傍聴したら又も業者づくりの120頁が売出されるとか!8/29

 

P会  柿原、岩上VC、勲、湯浅、松前、卯月、桜井Pそれに峰行さん参加し9時まで市の何とか委員も発言させるだけで後は市の思うまま。市庁舎も又か?9/4

浅草署から赴任の坂口知子さん全国初の副署長、ちゃきちゃき協働したい!これまた女性戦争体験を語り継ぐ会がフォーラムでの例会、代表は上滝尚久会議員。9/5

 

中町  Festaが市役所駐車場で。豆汽車乗り、町高女子の太鼓を大樹の蔭で楽しみVivaPiccolinoMesserschmidtは欠けたが戦後日独伊英のミニ車パレード、眼や歯の無料診察、他にないものが人気を集めた。9/8

 

資料  中央図書館の五階地域資料担当吉岡一憲さんの要請でまちづくり市民会議広報の「フォルム」がすべてのバックナンバーを含め一般の閲覧に供される。9/11

 

S会  同時に桜美林大図書館と生涯学習センター用も含め提中Sが段取りする。9/13

 

琉球  弁でマティダ!は真っ赤な太陽か?原町田のフェスタが楽しみなのは商店会主催古本のチャリティ。勲さんが「太陽光発電」を手わたしてくれた。9/14

 

P会  小林美知Pが桜美林大との協働について説明。峰行提案を議論した。10/2

 

大道  芸人がイタリア、中国からも。地元コカリナ、エイサー、タップダンスの味付。丘陵の将来像のフォーラムで小島政孝史料館長らがパネル、岸由二慶応教授らが講演、松前さんらの如く、役人も聴講するだけでなく実行することだ。10/5

 

小道  すぎて問題の玉川学園、その最たるなかよし公園外周に歩道を計画している市と構造・施工案を討議する大橋成夫さんら市民が文化センター集合した。10/8

 

S会  武信さんらの緑山地区広場づくりに意見交換した後、「フォルム」とHP段取り。桜美林野村知子ゼミとワーキングランチに合流して学園祭のため議論。10/9