2016年

9月

14日

9月号の会報を発行しました。

 先月は夏休みをいただき、ふた月ぶりの会報発行となりました。第152号となります今号では、巻頭特集として724日におこなわれました境川クリーンアップ作戦について、実行委員長を務めた山口平太郎会員より寄稿をいただくことができました。また桜美林大学地域・社会連携室の福原信広課長より、2009年からの桜美林大学の参加の軌跡について、ご寄稿いただきました。

 今号の本紙後半は、鶴川自然友の会の代表である中野進先生へのインタビュー取材から編集部による特集記事を組みました。このように今号は、町田市の環境保護の市民活動の過去と現在をつなぐ紙面となりました。町田市の市民活動の厚みがあればこそ可能になった今号です。関係のみなさまに厚く御礼を申し上げます。

まちづくりは市民が主人公

『フォルム』

2002年――陰緑――15 machiDAforum 

 

<MAPまっぷ地図!>

 半月開花の早まった春から多摩丘陵 FootPathマップ、小山田ごみ問題の地図やサルビアロータリークラブ町田景観まっぷなど百花繚乱。伊能大先輩の感化もある筈だ。

 地図の大好き人間は古来多くMappaなる語はローマ街道にのり世界にひろがり日本まで。手元には中世北欧の木版SCA。NIA”昭和二年製の千葉市街鳥瞰から現代風のRothenburgやMapaRioParanaまで陰鬱な日々の慰めになった。五月晴はやっと月末、夕方鎌倉古道を探った。 小野篁社の鐘の音を耳に小野路宿を渡り小狐稲荷、小児を抱く地蔵へ辿ると筆記体のV断面が現れる。布田へ続く鎌倉古道だ!

 1978年都指定の図師小野路歴史環境保全地域には小さいながら完全な棚田すら残り地元農家が農業ならぬ管理組合をつくって里山環境を守っている。また見に来たい!

2002年「市民会議総会」第2部

 

松井香織 Boesendorfer ピアノ演奏がアルファ波をよび、植村憲市Operバリトンとヒックス桜美林中高校長の飛入りテノールに皆びっくり。

#警視庁の信号なおし

 町田の交通規制係りでは交通信号を勝手にいじれないのだと4/16説明された。成瀬の三ツ叉での信号がいかにも具合わるく歩行者のいない横断歩道の次々に連続する間、長蛇の車列がイライラ待たされる時間の長さ加減!ところが「フォルム」からの苦情申入れが奏功して霞ヶ関から専門技官が成瀬まで出張して調整したのだと知った。まだ昼間はカラ横断歩道の故で車がつながる。でも言われてからいくらかマシになったような気もした。

 そこには水曜日午後自転車で子供らが集まるタヌキ山がある。「見とおしの利かない上り坂の頂上付近」という昔の運転免許試験のひっかけ場所そのものにカシノキ山がある。通過交通も多い長蛇を、このくらいの時間断ち切って、三ツ叉から小田急のガード潜り山森こえ南大谷までの難所の道路を、のんびり老若男女が横断していくのがいいのかも?

 10チャンネンルたけしの番組に出演した元警察関係者によると、交通取締にはノルマが予算化されているそうだ。交通は本来誘導さるべきもので、婦警の乗る軽のパトカが違反駐車のタイヤに白墨で標し、時間を量っていて悪質者だけ取締まるのは許せる。ウヰーンからデュセルドルフまで自動車道路での旅行は快適だ。警官が目立たぬかわり

標識が完璧に案内してくれる。市内電車は無札で乗車でき只かしらん?とも降りられるが覆面改札があってちゃんと規則厳守せぬと不案内な外人を含め即罰金だ。最近派手な広告つきの乗り捨て自由自転車もできたが行方不明が多いとか。安い日本製にくらべ拾倍するPorsche製の国の心得違い?だが覆面パトカや鼠取などイカガナモノカ!

 

-----------------------------------------------------------

HP  豊吉、村田、石岡、井坂しのぶ電脳連が行違いもいろいろありながら、弥高の春気温変動はげしい中やっとFreiburg-2を話DA意に納めた。4/26

 

S会  定例の第二金曜昼前に提中、中井、豊吉、村田が集まりテレコムで峰行、知子Sも参加した。美知Sと打ち合わせ5/22又は29水曜の野村ゼミ二時間目に皆、協働の二年目初会議をする。峰行都計審委員が退任した後、桜井Pが応募したとかまちネット事務局が復帰したとかS定例会に学生だけでも参加するとか久し振りの情報交換。8ケ月アメリカ滞在の後藤前課長が電脳連に復帰した。5/10

 

地図  神谷由紀子さんらのNPOみどりのゆびで多摩丘陵フットパス1を作った。2号以降も小山田、真行寺から三浦半島までマップにし緑地散歩用にもと。5/17

 

協働  桜美林大に野村ゼミの栗原美恵、大澤実和、江川奈緒美、阿部聖子、新井まや+小林文晴、渋谷高歩、吉村幸雄、中口正浩の学生と小林美知、柿原、中井、渋谷、村田、田中誠、提中の会議員が集り知子先生の指導で話し合った。5/22

 

護美  小林美知Pの小山田を考える会は「どうして、ごみはへらさないといけないの?」にMAPを付録し多摩清掃工場から緑地を経て最終処分場まで問題として見せた。Salviaロータリークラブの「町田景観まっぷ」を市役所窓口などで配った。小島政孝さん「道路に張巡らされた電線や無秩序な看板、落書が悪い!5/23

 

P会  柿原、峰行、湯浅、田中誠、渋谷、村田、桜井、松前、卯月、佐藤勲Pが参加し谷戸山のみどりがつなぐ環境文化都市「町田市環境マスタープラン」155pの毀誉褒貶ならぬ緑芥褒貶。まちづくり条例検討から河川水質調査まで市民が協力したりヴォランテア活動したりしたのに市は他を追随しカタチづくりに汲々だ。6/22午後市役所地下で発表し、市民との討論会も大戸専門委員が計画中とか。市長随筆より市民の投稿を市は広報の第一面に掲載すべきとの意見も。6/5

 

和光  大アジアの紛争と日本の役割シンポでスリランカ、フィリピン、アフガン男女の議論を教授、学生、市民百人が聴いた。単純にサッカー戦で決着しない?6/8

 

協働  野村知子ゼミに新たに今枝洋介、梅林昌輝、伊藤洋一郎の三君。今年始めて参加の桜井、佐藤勲P、間宮早代子会議員もかけつけ自己紹介・主張から活動計画表に従い意見交換した。山本議氏逝去について渋谷S報告、知子先生の忠生カゲ論の頃は静かだったが馬力もトルクも有そうなシブタニS長が明るく人マップ作り。プロジェクトの流れを調整。6/23日曜日10時銅像前集合昼食を挟んで半日、皆で「忠生まち歩き」を決定した。KeyPersonやIntervievは次から毎水曜5回取材を始めたらどうか。相原地域の見学や学バス利用などは各関係調整し四年生ら先輩も入れて決めていくことになった。6/12

 

S会  定例を従来通り第二金曜日昼に桜美林のオフイスで行った。豊吉ら電脳連はHP、提中、中井は協働、峰行さん、村田はP会も含めた情報を交換した。6/14