2016年

9月

14日

9月号の会報を発行しました。

 先月は夏休みをいただき、ふた月ぶりの会報発行となりました。第152号となります今号では、巻頭特集として724日におこなわれました境川クリーンアップ作戦について、実行委員長を務めた山口平太郎会員より寄稿をいただくことができました。また桜美林大学地域・社会連携室の福原信広課長より、2009年からの桜美林大学の参加の軌跡について、ご寄稿いただきました。

 今号の本紙後半は、鶴川自然友の会の代表である中野進先生へのインタビュー取材から編集部による特集記事を組みました。このように今号は、町田市の環境保護の市民活動の過去と現在をつなぐ紙面となりました。町田市の市民活動の厚みがあればこそ可能になった今号です。関係のみなさまに厚く御礼を申し上げます。

まちづくりは市民が主人公

『フォルム』

2002年――冬麗――13 machiDAforum

 

<近隣の市民同志の活動!>

 市のキモイリにより、川崎、町田、相模原の三市の市民と公務員が合同研修をしてきた。昨年夏から今年冬までの半年、佐藤勲、柿原が第二班に入り「施設の広域連携の可能性」について報告書をまとめた。図書館の市民相互利用などがその例だ。また別に岩上、勲が

「国道246・大山街道ルネッサンス」なる沿線各市民の連帯研究をつづけている。

 

<ふつうのシャンシャン総会ではなく!>

 7-春雪号コラムに書かれた「個人が主人の市民会議員」の12-小春号いう無機体でしかない町田まちづくり市民会議を、田中誠が「2002年の活動方針を検討するに当り何よりも“会の在り方”について徹底的に議論するべきではないでしょうか!と鋭く指摘、2/13の準備会に集まった8人が口々に主張してみたが所詮肝心の佐藤東洋士議長不在、昼間まだ元気のある時間に十分議論せねば、マタゾロ無意味なソウカイとなってしまう!

 

<都市計画にNPOが提案権!>

 2/10付けの朝日新聞によれば国交省が三月にも改正案を提出し、市民参加型のまちづくりを促進するそうだ。市役所の役人がやり市長が誇る市民参加はひっきょう何とか委員に名ばかり市民代表を入れて、結局は税金で雇ったコンサルタントに尤もらしい豪華なパンフレットをつくらせておしまい!傍聴者に意見を書かせるなど一部改善もあるものの周辺都市に追いつくどころか町田は物まねのまま既に四年すぎてしまった。

 

<たれが新しい市長と協働できるか?>

  来年もよいお年を!が今年はよい御都市を!と聞こえて身ぶるいした2002年の正月から一ケ月すぎ、町田市長選挙公開討論会を青年会議所が主催した。健康福祉会館4階は満員で市民会議員も8人ほど見え、46~70歳5名の市長候補の熱弁に聴きいった。

48億円で買った新市庁舎用地  ② 財政とインフラストラクチャ ③ 相模原市との広域提携 ④ 市民参加 ⑤ 民間委託 ⑥ 老人福祉 ⑦ ゆとり教育、それに前後のアッピールや補足をふくめ政策比較が面白く、手話通訳やOHP文字表示宜しく熊沢、山口JC連は出色だった。

総会  準備のため佐藤東洋士議長と打合せ、記念講演に野村知子先生の名をあげたとき経営政策学部主催のセミナー「福祉から発想するニュービジネス」と交流会への市民会議員の招待が提案され個人宛て案内状が出されることとなった。1/1

 

放映  小田急ケーブルテレビで下北沢~町田間の駅物語がつくられ第一回は玉川学園駅とて大学の他、まちづくり住民懇談会や「大欅を残す会」を取上げる。1/13

 

協働  プロジェクト2001を含む桜美林大学催会には柿原、松前、中井、豊吉、村田遅れて渋谷、田中誠Pが参加した。知子先生次学期も継続を!と発言。1/25

 

電脳  連はMe乳健康ファミリ誌提供のフライブルグ特集をHPへ研究した。1/30

 

市長  公選の二月に入って、山口平太郎会議員らリーダーの町田青年会議所が主催する五人の候補者の討論会が開かれ、寒い夜の健康福祉会館に熱気が昇った。2/6

 

S会  第二金曜昼桜美林のオフィスで前年決算と今年の総会の段取りを始めた。2/8

 

準備  会がせりがや会館で夜、湯浅、田中誠、松前、村田、佐藤勲、柿原、渋谷、桜井Pが集り岩上司会により 総会3/9(土)記念講演 GeorgeOhshiro 国際教育センタ教授、そのあと桜美林学生による演奏会などを決めた。2/13

 

SP  ハイテクを凌ぐドイツのエコ意識と題しフライブルグ市を紹介した今泉みね子氏の美しい写真や文章をHPに採用させてもらった。林裕克会計が決算書を作って佐藤武信監査をうけた。夜にはP会がせりがや会館にて開かれる。2/18

 

 

#市長選挙と市民会議#

 1219桜美林学園も学期末試験の始まる頃、オフィスに二三人集まっての雑談の席、来年二月には女性を含め五人が新市長に立候補するらしい、各候補の市民会議に対する意見を聴取する必要ありと意見一致。1222ある候補の後援会を覗きみたが挨拶のみ、売りこみパンフレットやらDMやらが正月以来続々舞い込み街頭宣伝車もうるさくなる。市民会義にはもとより協力的な市議も数人いて224投票するのに迷ってしまう。

 人ロ386千の町田市に400以上もある市民団体の数!500人以上の構成員ある巨大団体すらあるという!アイキャッチャ並んだポスタが電柱などに貼られ、217は市内の所々に候補者名や写真が公示された。市長や市議はもともと市民の代表の筈だが当選した暁には何か別の存在と化してしまう。それは何故か?充分考えねばなるまい!

 

#新聞のキャンペーン#

 213から読売が連載し始めた「38万都市の行方」に福井蘭子市庁舎用地検討委員、卯月慎一市民情報センタ代表と共に柿原ユキ子VCが登場して意見をのべた。正式な町田まちづくり市民会義の名こそ出なかったもののこれで三大紙に載ったこととなるか。