2016年

9月

14日

9月号の会報を発行しました。

 先月は夏休みをいただき、ふた月ぶりの会報発行となりました。第152号となります今号では、巻頭特集として724日におこなわれました境川クリーンアップ作戦について、実行委員長を務めた山口平太郎会員より寄稿をいただくことができました。また桜美林大学地域・社会連携室の福原信広課長より、2009年からの桜美林大学の参加の軌跡について、ご寄稿いただきました。

 今号の本紙後半は、鶴川自然友の会の代表である中野進先生へのインタビュー取材から編集部による特集記事を組みました。このように今号は、町田市の環境保護の市民活動の過去と現在をつなぐ紙面となりました。町田市の市民活動の厚みがあればこそ可能になった今号です。関係のみなさまに厚く御礼を申し上げます。

まちづくりは市民が主人公

『フォルム』

2001年――小春――12 machiDAforum

 

<まちづくり?市民会議?>

 市の広報やら新聞紙上でお目にかかる市民団体は、数え切れないほどで<まちづくり>となると概念が広がってしまい、ハード、ソフト含め町街だがフレアイは全てだろう。市民会議は効力あるいい名で、1997年の発足以来市、警察、マスコミからミニコミまで知っている人が増え、NPO団体でもないが会報は12号へとつづいた。

 

<有機でない無機!>

 7-春雪号コラムに書かれた「個人が主人の市民会議員」だからその集まりは無機体で、会議員がそれぞれ有機体の市民団体を動かし、関心事に密着し派生していっている。第1号の「江戸時代から見る」と5~10人から始まった連くらいがちょうど動きやすいので、10~20人に殖えてくれば有機的に見えようが所詮百人くらいの無機体なのだ!

 

<DoAction?>

 行動するには有機体でなければならぬ。アクション参画として市募集の都市計画審議会や環境基本計画など色々な委員になった会議員に解説してもらって議論した。アクション護美こみはその対策部会に参加し、アクションまち並はタウン・ウオッチをつづけただけ。アクション文福として桜美林大の学生と協働した経過を10号より追うと、野村知子ゼミの若さが会議員の中念力と老人力を引き出した。しかし所詮市民会議は無機体ゆえ多少の結晶枝はのばしても限界があり、次期についてはもっと議論が必要だろう。

 

<間接的な効用!>

「フォルム」やバス見学、総会や公民館での講演、市民団体のパネル討論会などで内外のいろいろな人々を知った。刺戟を受け自分から進んで参加し、実行してみた経験も多い。友達になり互に利用できた人々、意見や思想が異なり、反が合わずとそこは年功、何となく乗越え何とか分解しない。大袈裟にいえば国連に似た市民会議だ。国連の主役は有機体たる各国の大使たちだ。美国の如くご都合主義で分担金を払わない国、当国は当然金力だけでもの言わず。負担は少なく文句の多い国々。常任理事国も夫々個性たっぷり。

協働  山本議氏レクチャのあった10/24に引き続き今日も『忠生地域とMAP作りを考える』の学園祭段取り。四年永沼絵美も加え選んだスライドを使いスポット14は優子連9+弘臣連3のスピーカ、柿原、湯浅、村田の補足とした。その後パネル討議は青木夢連、岩上鶴川の先達に地元学識経験者や学生も加わる。知子先生のコーデネイタで提中、渋谷、藤田紀世志企画広報部長がエール交換する。小林美知レクチャは片倉、中川、後藤明美ごみない会員が介添した。10/31学園祭での展示あと発表は太平館。中国出張中の佐藤東洋士学長挨拶の提中Sによる代読まで、30名以上参加しての進行はほぼ予定通り、野村知子ゼミの成果だ。肌寒い6時半からのミス桜美林コンテスタンツは女子アナを凌ぐほど。11/4

 

P3  改善が始まっている。町田警察の交通係に「フォルム」を渡してから市役所前の交叉点の信号が変化し安全度が増した。鶴川駅前急カーヴを緩める都市計画道路、玉川学園北口商店の街路もやっと出来てきた。ぱるるエスカレータが朝9時から動きだしたのも「フォルム」効果。町田商店街での荷降しがトラック直接をやめ台車押しで試み、人皆このやり方がずっとよいとTV報道もあった。11/14

 

S会  名簿p1p2のチェックを汗もかかない好天の下試みた。海外赴任の方、所在の不明や病気の方、親の世話や結婚退社の方など理由は様々乍ら納得。11/26

 

媒体  牛乳店から写真館、竹炭屋まで宣伝のみならず有益なミニコミ紙を配布してくる。ハイテクを凌ぐドイツのエコ意識と題しフライブルグ市を紹介した今泉みね子氏は十年在住だけあって美しい写真や鋭い指摘など、ちょいと視察や官費留学連中の顔に汗をかかせる。マスコミも負けじと多摩版に武蔵野のMoveUsなどを特集し、お上と市民の間をとりもつがこれが本業。片手間組に及ばぬ。12/5

 

S会  林裕克会計が今年の決算のため作業を始め、佐藤武信監査に備える。中井薫会議員名簿も着々整理され、豊吉HPは会報を追いかけアイキャッチャ。12/14

 

 

#小春日のクニ境#

昼鶴川の完成間近な計画道路より小田急線を南に渡り、一軒だけの八百屋のオカミさんに登り口を訊いて尾根歩きを試みた。細いが軽なら通れる径で左右遠望も効く。和光大を見下ろす辺で急に南に曲り落ち、慌てて畑中を突っ切り向うの続き尾根へ辿る。犬連れの若者と農作業の二人のみ。川崎市岡上ショートケーキ風小住宅側に群れていた幼児連れのオクさん玉川学園に繋がる径と御託宣。林が厚くなり金網に囲まれた校舎の間に入った。

 翌日、横浜市緑区の奈良川源流に分け入る。白鷺が一羽無農薬の田圃に啄んでいる昔の風情、農家の庭先から谷戸の奥に案内され、学園に譲られた隠り沼に浮く紅の落葉。調子よく小野路から多摩センタへ擦抜ける乗合バス、更に平山を乗越え黄一色の八王子へ脚と車をうまく組合わせて縦走した多摩丘陵のクニ境。色々楽しみ方はあるものだ!