2016年

9月

14日

9月号の会報を発行しました。

 先月は夏休みをいただき、ふた月ぶりの会報発行となりました。第152号となります今号では、巻頭特集として724日におこなわれました境川クリーンアップ作戦について、実行委員長を務めた山口平太郎会員より寄稿をいただくことができました。また桜美林大学地域・社会連携室の福原信広課長より、2009年からの桜美林大学の参加の軌跡について、ご寄稿いただきました。

 今号の本紙後半は、鶴川自然友の会の代表である中野進先生へのインタビュー取材から編集部による特集記事を組みました。このように今号は、町田市の環境保護の市民活動の過去と現在をつなぐ紙面となりました。町田市の市民活動の厚みがあればこそ可能になった今号です。関係のみなさまに厚く御礼を申し上げます。

まちづくりは市民が主人公

『フォルム』2001年――愁空――11 machi DA forum

 

P会  町田フォーラム4階で夜、桜美林大野村知子先生も 交え『忠生地域のまち歩き-素敵なもの発見マップづくり』の下調べ総括、これから秋のまち歩き企画 が話合われた。活躍目覚しかった渋谷、湯浅、柿原、青木、岩上Pに松前、桜井の老青年も加りこの第二回協働のネーミングを 協議。 コメンテータとして市の関係課長や都立大高見沢教授など名があがり、学生主体ながら地元古老の語り部や商店会の協力も夫々とりつけることとなった。以上中井薫会議員の報告。8/20

余聞*清瀬Pの唱導していた「自由ヶ丘まち歩き」行動計画が目黒区緑が丘まち歩きぐる~ぷで実行された。自ら不自由だった頃に歩き作った玉川学園道路現況図の方がユニックでおもしろかった!9/8

**大橋成夫発案の源氏蛍プロジェクト学園台での大放出反省の後、来年は平家ほたるも移入し自然Biotope保全を目指す昔子供は農協傍の子どもセンターに続く二番目をとやる気も。 9/10

 

桜美林大協働室で昼、松野敦子さん峰行都計審議委員はテレコムで提中、中井薫、豊吉、村田が参加した。電脳連の劉宇課員が急遽娘誕生とて帰国中、井坂しのぶ、石橋益美課員が補充された。名簿やHPのほか情報を定例交換した。9/14

 

エコ  プランからの発想を期待して多摩丘陵シンポジウムが開かれ、岩上Pの勧誘奏効, 松前、青木、村田、卯月武助、佐藤勲会議員の他横浜や川崎麻生区の鶴見川中流応援団亀田佳子団長らも参加。鶴連の神谷由紀子前会長司会で岸慶応義塾、麻生東農大教授、宮田太郎古道研究家、緑地課員がパネルも時間不足だ。9/15

 

S会  HP[いままでDA]と[これからDA]を帰任の劉宇父に依頼、佳誕生の機嫌斜めならず直ちに着手し夏休後の画面を一新させる。知子先生早速見てみると!協働室の朝、ゼミかおり連4+菜花連2=6名の学生に小林美知、渋谷、松前、柿原、湯浅、村田、青木の市民会議員が参加。 知子先生の司会で学園祭までの段取打合せ、11/4はミス桜美林コンテストもあり発表は3時半から。皆で10/14 に20地点を選び再度コースを歩いて見ることなどが決まった。9/26

 

P会  夜、芹ケ谷会館に柿原、佐藤勲、桜井、岩上、松前、田中誠、湯浅、卯月、渋谷プロモータ連が集り町田まちづくり条例の進み具合と南地区プラスチックの中間処理施設建設計画の話。 ねぎ市ボズ課長のだれも喰えない説明とは?10/8

 

協働  小林美知、松前、渋谷、豊吉、村田に桜美林小林茂牧師、知子先生、米澤優子+弘臣連3=4名参加。桜美林と忠生地域についての説教ならぬレクチャの後、祭の打合せを毎水曜朝9:30から行い、地元河合栄子さん、加藤神主さんによるレクチャもつづける。 優子連によるA3大のレジュメ作成を決めた。10/10

 

発表  学園祭は学生主体で! 知子先生に町田まちづくり市民会議員はパワーがある!と煽てられながらも「老人力」発祥の地とて、子や孫級に負けては居れぬ。折から小学校や中学の同窓会も花盛り、いや紅葉の盛り。SG10/24