2016年

9月

14日

9月号の会報を発行しました。

 先月は夏休みをいただき、ふた月ぶりの会報発行となりました。第152号となります今号では、巻頭特集として724日におこなわれました境川クリーンアップ作戦について、実行委員長を務めた山口平太郎会員より寄稿をいただくことができました。また桜美林大学地域・社会連携室の福原信広課長より、2009年からの桜美林大学の参加の軌跡について、ご寄稿いただきました。

 今号の本紙後半は、鶴川自然友の会の代表である中野進先生へのインタビュー取材から編集部による特集記事を組みました。このように今号は、町田市の環境保護の市民活動の過去と現在をつなぐ紙面となりました。町田市の市民活動の厚みがあればこそ可能になった今号です。関係のみなさまに厚く御礼を申し上げます。

まちづくりは市民が主人公

『フォルム』

2001年――熱暑――10 machi DA forum

 

協働    徳望館にて初の試し合い、TopBatter岩上の鶴川地域町づくり市民の会ミニ・レクチャはFootPathの麻生東農大助教授や緑の指の神谷由紀子前会長にも言及。かおり連7+弘臣連6=13名のゼミ学生はじめ市民会議の湯浅、松前、中井、村田の参加者に好印象を与えた。峰行審議委員や小山田ごみの会長後藤明美名代もまづまづとの評。渋谷DH負傷退場あととてベンチ柿原よろしく前後を締めた。さて提中Sと指導野村知子助教授の判定は如何?6/20

 

P会  プロモータ主催定例会議が渋谷VCの責任で第二月曜日と決まった。当面は夜の6時半からせりがや会館利用となるもようで、セクレタリ主催の定例会議は昼間桜美林の協働室利用とすれば、どちらか便利な方に誰でも出席できる。6/22

 

協働  徳望館4階大教室にて、二番バッタ青木先生の相原夢マップづくりのレクチャは見事なヒット。多摩美の学生による未来志向の地図から始まって地元陶芸家執筆の相原散策地図まで、地元古老の話やら東京造形大、法政大、家政学院大の協力いろいろ苦労や失敗もあったが、やがて夢連のNPO資格取得へと繋がった話。かおり連7+弘臣連3=10名の知子ゼミ、田中誠、美知、村田、松前、渋谷の会議員に小山田の片倉氏も興味深々で今世紀一番の熱暑の昼となった。6/27

 

協働  三番打者湯浅起夫は前の二先生のレクチャ成果を見聞し、手ぐすね引き引き市民大学時代からの色々な地図づくり経験を語っていたので皆に期待されていたが、知子ゼミかおり連6+弘臣連5=11名、柿原、渋谷、豊吉、村田を前に滔々と縄文土器から鎌倉攻め社寺焼払い、大塔宮にまつわる縁切り中里橋、豪農小川家や小山StoneCircleに言及して止まる所を知らぬ勢に一同驚嘆。

 

HP  [いままでDA]と[これからDA]を差替え、後藤・劉宇、豊吉・村田の電脳連が7/18までに適当な写真を説明付で提供することとした。7/4

 

協働  四番目の大橋成夫先生が寝不足気味ながら洒落たハット姿で現れたのは最高気温の出た午後、午前中から地図の下準備をしていた桜美林かおり連5+弘臣連2=7名に松前、柿原、美知、渋谷、湯浅、村田、豊吉が加わる。東洋士学長は来られぬまま提中準備の玉川学園スライド映写、知子先生やっと間に合い頻り肯づくレクチャはさくら散歩路から世界統一PictogramDesignまで。忠生の地図は先ず4コースに分かれて下調べすることになった。7/12

 

協働  初のFieldWorkは桜美林創立者像前から朝出発。知子ゼミかおり連6+弘臣連4=10名、地元先案内人井上勉、広瀬、石元、西村邦子の諸先達に市民会議渋谷、柿原、美知、岩上、中井の老若男女組。後塵を拝し湯浅、豊吉、村田に近内、鶴野の史考コース調査は男のみ組の利点を活用し昼生還した。7/18

 

S会  定例はテレコムを含めセクレタリ主体で行い、提中Sより11/4日曜日の夕方学園祭太平館での協働発表会登録、林Sより中間会計など報告された。8/17