2016年

9月

14日

9月号の会報を発行しました。

 先月は夏休みをいただき、ふた月ぶりの会報発行となりました。第152号となります今号では、巻頭特集として724日におこなわれました境川クリーンアップ作戦について、実行委員長を務めた山口平太郎会員より寄稿をいただくことができました。また桜美林大学地域・社会連携室の福原信広課長より、2009年からの桜美林大学の参加の軌跡について、ご寄稿いただきました。

 今号の本紙後半は、鶴川自然友の会の代表である中野進先生へのインタビュー取材から編集部による特集記事を組みました。このように今号は、町田市の環境保護の市民活動の過去と現在をつなぐ紙面となりました。町田市の市民活動の厚みがあればこそ可能になった今号です。関係のみなさまに厚く御礼を申し上げます。

2008年の会報バックナンバーは、以下からダウンロードしてご覧いただけます。

2008年3月号(通巻第55号)
第10回定期総会のご案内、記念討論会「創造的で楽しい市民協働の町田を考える」プログラム、写真でふりかえる 石阪市政と市民協働のまちづくり、事務局だより・編集後記
mmnl_55.pdf
PDFファイル 823.1 KB
2008年4月号(通巻第56号)
2008年定期総会報告、「創造的で楽しい市民協働の町田を考える」を終えて、(株)三和・市民・市役所が初の「レジ袋ゼロ」を協働実験、事務局だより・編集後記
mmnl_56.pdf
PDFファイル 760.3 KB
2008年5月号(通巻第57号)
ごみを出さない町田のお祭りへ、日是楽写遊映、悔やまれる準備不足―町田JCの市長マニフェスト(公約)検証大会-、『希望まちだ シンフォニーホール』、事務局だより・編集後記
mmnl_57.pdf
PDFファイル 1.6 MB
2008年6月号(通巻第58号)
桜美林大学で環境特別講座が開講、市の新しい広報広聴担当部長・川崎さんに聞く、町田市中期経営計画 重点政策「商業・文化芸術都市の創造」を考える:2、佐那河内村民の「ごみゼロ運動」に、日本社会の原風景を見る、事務局だより・編集後記
mmnl_58.pdf
PDFファイル 1.4 MB
2008年7月号(通巻第59号)
桜美林環境特別講座が全日程を終了、『本気で出来るか?温暖化対策』、映画は最も手近で手ごろな文化芸術の宝庫 何故、町田に映画館が一館もないのか?、町田市中期経営計画 重点政策「商業・文化芸術都市の創造」を考える:3、事務局だより・編集後記
mmnl_59.pdf
PDFファイル 716.1 KB
2008年8月号(通巻第60号)
常設「リサイクル広場まちだ」がスタート、「ごみゼロ市民会議」その後の市民協働、鶴川の古民家でリサイクル陶器の作品展が開催、町田市中期経営計画 重点政策「商業・文化芸術都市の創造」を考える:4、事務局だより・編集後記
mmnl_60.pdf
PDFファイル 782.1 KB
2008年9月号(通巻第61号)
生ごみ全国交流会で石阪市長が基調講演、(株)三和・市民・市役所、初の「レジ袋ゼロ」協働実験(二)、講演会のご案内:「ごみゼロの町を創るゼロ・ウェイストとは…」、町田市中期経営計画 重点政策「商業・文化芸術都市の創造」を考える:5、お知らせ:広報広聴担当部長川崎宗二さんとの懇談会・編集後記
mmnl_61.pdf
PDFファイル 1.0 MB
2008年10月号(通巻第62号)
町田市のゼロ・ウェイスト宣言に向けて、(株)三和・市民・市役所、初の「レジ袋ゼロ」協働実験(三)、『自然保護=開発反対運動?』、町田市中期経営計画 重点政策「商業・文化芸術都市の創造」を考える:6、EM窪平主催の生ごみ堆肥化勉強会、大盛況でした。、さるびあフェスタで「紙パックリサイクル工法(特許)」の実演会、事務局だより・編集後記
mmnl_62.pdf
PDFファイル 1.1 MB
2008年11月号(通巻第63号)
川崎広報広聴担当部長との懇談会開催、町田市中期経営計画 重点政策:「商業・文化芸術都市の創造」を考える:7、ごみフェスタ2008でハチドリ教室、今年もやりました!、中期経営計画が指し示す『商業・文化芸術都市の創造』をめざしてその拠点ともなるべき町田市民ホールの現状をどのように考えるか、事務局だより・編集後記
mmnl_63.pdf
PDFファイル 743.3 KB
2008年12月号(通巻第64号)
レジ袋ゼロ社会の実現を目指して、10年前を省みる――「ごみ問題の風景」、中期経営計画が指し示す『商業・文化芸術都市の創造』をめざしてその拠点ともなるべき町田市民ホールの現状をどのように考えるか(続)、事務局だより・編集後記
mmnl_64.pdf
PDFファイル 845.0 KB