2016年

9月

14日

9月号の会報を発行しました。

 先月は夏休みをいただき、ふた月ぶりの会報発行となりました。第152号となります今号では、巻頭特集として724日におこなわれました境川クリーンアップ作戦について、実行委員長を務めた山口平太郎会員より寄稿をいただくことができました。また桜美林大学地域・社会連携室の福原信広課長より、2009年からの桜美林大学の参加の軌跡について、ご寄稿いただきました。

 今号の本紙後半は、鶴川自然友の会の代表である中野進先生へのインタビュー取材から編集部による特集記事を組みました。このように今号は、町田市の環境保護の市民活動の過去と現在をつなぐ紙面となりました。町田市の市民活動の厚みがあればこそ可能になった今号です。関係のみなさまに厚く御礼を申し上げます。

↓は町田経済新聞のツイートです。

 要チェック!

町田まちづくり市民会議の

ウェブサイトにようこそ

 

会報のダウンロード等は左の項目 『まちづくりの環』をクリックしてください。

 

当市民会議は、1997年、町田市が「町田市都市計画マスタープラン」を策定する際に、市民意見をまとめてほしいという市の要請に端を発して創設されたまちづくりの市民団体です。市民意見のとりまとめにあたっては、八つの分科会を設けて討議を重ね、翌年の199810月に討議の成果を「町田市都市計画マスタープランへの市民提案(通称マザープラン)」として集約し、市に提出しました。その後も、市行政への提言・協働、他団体・地元大学との協働、市民講座開催、会報『まちづくりの環』の毎月の発行などを通じて活動を続けています。桜美林大学内に事務局を有し、議長(代表)は三谷高康 桜美林大学学長です。

以下は当市民会議のツイッターでの最新のつぶやきです。

2010年12月、2004年春頃よりながらく未更新のまま放置状態にあった旧サイトおよび2006年から短期間運用されていた後継サイトを全面的にリニューアルしました。2011年6月、新しいサイトに完全に移行しました